Menu

ニューヨーク的思考


ニューヨーク最新情報:コロナで変わったニューヨーク市(11)トップの判断がコロナを防ぐ 2020 年 8 月 1 日

日本で感染が拡大中。

私が日本を離れて2週間の間にものすごい勢いで日本での感染が拡大してびっくりです。

2週間前、日本を発つとき、日本の感染はマイルドで米国へ向かってニューヨークに戻るのが憂鬱でした。ニューヨークでまともに暮らせるのか、感染は大丈夫かという不安でニューヨークに向かうのが気が進みませんでした。

6か月以内にNYに戻らなければ永住権がなくなる。この事情がなければおそらくまだ日本で米国とニューヨークの動向を見守ることにしてたでしょう。

米国全体はまだまだ感染が拡大しています。一番ひどかったNYは今や米国の優良州、感染者数が一番少ない州になっています。NYCの感染者数は東京より少ない。逆に今は日本に戻ることの方が心配です。

米国は自由な国、民主主義の国と米国民が信じている。ところがかなりの官僚主義。御上の権力はすごい。権力者は一日にして法律を変え、トップダウンで国、そして州を仕切る。

NY州を仕切るのはクオモ知事。新しい州の立法はあっという間に可決され、もしくは可決させられ、クオモがサインをするとそれがExecutive Orderとなって現行の法律を超えた超法的な新法律が期間限定で出来上がる。これがNY州のコロナ対策に劇的でスピーディな効果を与えます。

問題が浮上すれば矢継ぎ早に繰り出されるExecutive Order。その数は200を超えている。そのたびにNY州の生活が変わる。

市長のデブラジオもクオモのOrderに沿って細かなOrderをだす。NY市民の生活がコロナに対してどんどん変わっていきました。

中でも彼らがコロナ対策で絶対譲らないのが換気とSocial Distancingに関するExecutive Orderです。解放まで4段階のスッテプの最終ステップに来たNYCですが、いまだにレストランの室内飲食は禁止です。室内で飲食をすると感染が広まると言う認識です。

レストランは屋外でしか営業できません。屋外Barも禁止です。屋外だからいいと言うことで屋外で酒類を売り、住民が集ってパーティをしたという事件がありました。翌日にExecutive Orderが発令。クオモは会見で本当に怒りながら禁止令を出しました。

禁止令が出たその週には100件以上の店舗を摘発。Executive Orderにそって警察が動きました。罰金10万㌦(110万円)の上にライセンスはく奪。さすがに酒売りはなくなりました。

先日レストランのオーナーがTVで環境を語っていました。売り上げは70%減。キャスターが冬になると屋外の営業もできなくなるねと聞くとそのオーナーは言葉を失っていました。市長のデブラジオは屋外で営業が出来るようにと道路の封鎖を広げたりと策を出しますがレストランの正常経営には程遠い。

NYCの感染者数抑え込みは多くの人の犠牲の上で成り立っています。

 

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ニューヨーク最新情報:コロナで変わったニューヨーク市(9)Toll-By-Mail 2020 年 7 月 28 日

お隣のニュージャージー州とマンハッタンを結ぶ George Washington Bridgeはニュージャージー州からマンハッタンに入る際は有料です。

5か月前には料金支払いはCashとEZ PASSに分かれていましたEZ PASSは日本でいうETCカードです。

前は8つぐらいある料金所の多くはEZ PASS OnlyでCashの料金所には多くの車が並ぶと言うのが普通の風景でした。

アレ?風景が違う!すべての料金所の表示はEZ PASS/By Mailと変わっています。

なんだこれと思い、帰ってから調べてみました。ニュージャージー州とニューヨーク州で利用の多いい料金所は現金を取り扱わない。これもコロナ対策です。

私のようにEZ PASSを装備した車は今までと変わらない。むしろ現金支払いのブースがなくなり、すべてのゲートを通れるので前より早くすすめる。

でもEZ PASSを装備してない現金支払いの車はどうなるんだ?

どの車も現金を支払うことなく、ゲートを通過していくどうやって現金を回収するのか?

なんとナンバープレートを読み込み、その車の所有者にメールで請求書が来るというシステムです。請求書が来たらWebで支払います。これが面倒ならEZ PASSを装備しろと書いてあります。合理的!

コロナのおかげでなんと交通渋滞が緩和された。思わぬ効果です。それにしても接触を防ぐ考え方が徹底しています。こちらも消毒に注意しようと言う気になります。

 

New York Walker

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ニューヨーク最新情報:コロナで変わったニューヨーク市(5)店の様子 2020 年 7 月 22 日

街を歩くと無くなったテナントがかなり目につきます。

今は多くの人がマスクをして街を闊歩していますが、数か月の外出禁止令は相当な経済ショックに違いありません。多くのレストランが営業出来ているのが不思議なくらいです。

レストランでの食事は屋外のみ。屋内の食事は許可されていません。7月20日月曜日にPhase4の最終段階へと進みますがジム、映画館、劇場、屋内での食事はまだ許可されません。

日本では夜の街を中心に感染が拡大しているようですが、NYCではバーは一切禁止。つい先日、屋外で酒を売り大勢がSocial Distancingを無視して盛り上がると言う“事件”が発生。怒ったCuomo知事は食事を出さない酒だけを売ることを禁止しました。3回注意を受けると店はシャットダウンです。” Three Strikes and You will be closed.” 徹底しています。

昼間の屋外での食事は許可されているものの、狭い場所に結構な人・・。いくら屋外でも大丈夫かなあと心配します。それでもレストランをつぶさないための最小限のサービスが許可されたと言うことです。

小規模なワイン屋に行きました。店の中に一人しか入れませんでした。知らずに店に踏み込んで先客と店員から注意を受け外に出ました。よく見ると一人だけしか店内に入れないとの通知がドアに貼ってあります。店に入ってもワインを触ることは出来ずに店員に好きなワインを言って持ってきてもらいます。先に行ったワイン屋は玄関口で手の消毒をされ、その後は携帯など店を出るまで触るなと言われましたがワインは自分で触れました。店によってPolicyが全く違う。ここにはコロナ制限ながらアメリカらしさが残っています。

よく見ると他の店の前にも行列です。Social Distancingをとりながら人々が店の前に列を作っています。店内の入場制限です。店前には商品に触れるなと言う通知を入り口での手の消毒そして” No Mask, No Entry” 。ニューヨークは本当に感染防止第一に様変わりです。

 

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

留学生のみなさん。不法滞在の定義が厳しくなっています。 2018 年 6 月 18 日

中国人の父親が国外追放の通知をICEからうけました。
彼はアメリカ人女性と結婚して子供が二人います。家業はネイルサロンで、主に奥さんが切り盛りし、彼はもっぱら子育て。アメリカ人女性は中国系ですが、アメリカで生まれたアメリカ国籍のアメリカ人。
彼らは想像もしていなかった新法で裁かれました。
結婚相手が市民である場合、そのパートナーはグリーンカードを申請して、数年を経てアメリカ国籍を得ることができます。
彼は中国から旅行ビザで入国し、その後不法滞在で数年を過ごしていました。
今までのアメリカなら不法滞在があったとしてもグリーンカード取得の条件がある人なら永住権取得のプロセスが進み、海外追放などあり得ませんでした。
どうして?今までは不法滞在日数は不法滞在が公式に発覚したその日からカウントすると言う法律に基づき、彼のようにグリーンカードの取得時に不法滞在が公式に発覚してもその日から不法滞在の日数のカウントが進み、しかもグリーンカード取得のプロセスにのれば、カウントは止まる。つまり今まで不法滞在があってもアメリカ人になれるチャンスがあった。不法滞在の人が就職して就労ビザを得、アメリカ国籍を取得した話はちらほらと聞いていた。
が!新法では不法滞在のカウントは正式に発覚した日からではなく不法滞在を始めた日にさか戻って計算される。。180日の不法滞在をすると3年から10年は米国に入れない。1年以上の不法滞在は二度とアメリカには入国できない。トランプによる移民追い出し策のNY第一号の犠牲者がこの彼となってしまった。彼はグリーンカードの申請時に逮捕され、奥さん、子供と離れ離れ。今はNJで軟禁状態。
他人事ではありません。留学生の皆さん、十分に気を付けてください。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

新学期 2017 年 9 月 8 日

 9月最初の月曜日がLabors Dayで実質最後の夏休み。いよいよ昨日から学校が始まった。
 Back to School!日本は4月が新学期だけど米国は9月が新学期。自宅近辺にはいつの間にかできた学校が結構数あります。私の自宅周辺はビルが立ち並び、一軒家はありません。なので、日本のように運動場を持つ学校など作れる土地などありません。
 マンハッタンの学校はビルの一角にあるのは普通です。ホテルと同居するビルの数階が学校だったりとか。運動場はどうするのか? ありません。そんな事情なので近くの公園が運動場の役目をしたり、公共の運動施設を利用したり、学校内でちょっとした運動が出来る施設を作ったり、驚くのが時間を区切って学校横の道路が閉鎖され、学校の休み時間の遊び場になったりすることです。
 また、放課後も色々なプログラムがあり、学校外でのスポーツや音楽のプログラムに参加したりします。”部活”縛りの日本とは違い、もっと個人を尊重する課外活動だと思います。
 新学期が始まるこの9月、もう肌寒い。今秋にはUSオープンテニスも終わり、いよいよ本格的秋の訪れです。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

US Open 2016 年 9 月 13 日

 US Open Tennisも終わりました。いよいよNYは秋へと。
 錦織選手はセミファイナルまでのこり健闘でしてね。錦織選手を破ったWarinkaがジョコビッチを破り優勝すると言う波乱の終わり。Andyに勝ったのでWarinkaにも勝ってくれるだろうと期待していましたが勝利の女神は来なかった。残念です。
 この時期、日本からも多くの方がUS Openの観戦に見えます。私も先週、観戦に行きました。観戦の前日にテニスをしました。横で相当にうまい若い人たち、ひょっとすると日本の選手?日本のジュニアたちでした。ここで引率の人と知り合いになり初めてジュニアの応援に出かけました。
 予選は本選が行われている会場の外にありPコート(Practice Court)とよばれ、予選に勝ち残ったジュニアだけがプロの選手たちが戦う本専用のコートに入ります。その時、はじめて Welcomt to US Openと言われるそうです。Pコートの戦いは本コートと違い、ボールは自分で拾います。本選のように画面でのラインの挑戦のチャンスはなく主審の判断だけでジャッジされます。まあ、一般に試合しているのと全く変わらない。でもここから這い上がってプロになるんだと改めて思いました。
 日本からの選手は予想以上に多く、誰しも他の国の選手には負けていません。錦織効果でテニスが盛り上がっているのかも。がんばれ、高校生!

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

エンストしないように 2016 年 7 月 17 日

 破裂したタイヤは無事に交換。念のため、すべてのタイヤを交換しました。バッテリーも4年近くになるのでこれも思い切って交換。暑い夏、高速の真ん中などで車がストップしては大変と思うと多少の出費は仕方ない。
 以前、バッテリーが上がり、車が動かなくなった時、日本で言うJAF、AAAに電話をしました。待っても待ってもやってこず、2時間近くしてやって来た奴が言ううには、見つけきれなかった、時間切れと言ってそのまま帰ってしまいました。途方に暮れ、また電話して待つこと1時間、ようやく新たなAAAがやって来た。
 その時はさすがにAAAを信用できずに修理屋にも出張サービスを頼んでいてAAAと出張サービスがガチンコ。当然、3時間も待たせられたAAAに悪態をついて電話して頼んだ修理屋に任せました。この日も夏の暑い日だった・・。
 米国では日本並みのサービスは期待できない。車は特に・・・。国土が広い分、エンストしたらすごく時間がかかる。サービスの質も低い。本当に用心が必要です。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

夏だ 2016 年 7 月 8 日

しばらく日本にいました。いつもと通りJFKに到着。私はGlobal Entryと言うカードを持っています。米国在住でなければ取得できない資格ですが、米国人でも過去に失敗があると取れないと言う貴重な資格です。
 このカード、米国入国時に偉大な力を発揮します。KIOSKでカードをかざした後、機械から出されるレシートを受け取ったら誰も並んでいない専用レーンでGO!入国審査はありません。関税も特別レーンで長い列を横目に素通り。入国フロアについて5分しないで入国してしまいます。すごい!
 カードの取得には面談など色々と面倒なことがあったけどやはり便利。あの煩わしい入国審査官の質問がないことはこの上なく幸せです。
 空港の外に出たらあれ?涼しい?これは日本とのギャップですね。日本はともかく暑かった。天気予報が全くあてにならない。曇りとあっても雨が降る。雨とあっても雨が降らない。この時期は天気予報不可能のようでした。湿度が高い分、むせるように日本は暑い。NYは湿気がない分、まだまし。
 今日は80℉以上ある猛暑ですが日本の暑さを忘れられない私にはまだまだましな暑さに感じます。段々日が立つとこの暑さもたまらなくなってくるんでしょうけど。しかし、NYのビルの冷房は異常、冷やす過ぎ。外と内の温度差が怖い。
 いいシーズンのNYですが温度差に気を付けないと体調が狂ってしまいます。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

6月だ 2016 年 6 月 6 日

 もう6月です。早い!6月はニューヨークで一番過ごしやすい時期。ただ、まだ花粉症の被害は続くが・・。
卒業式のシーズンでもあります。また、学年の終了の時期、そして夏休み。6月中旬から9月の上旬までが学校の夏休み。家族と過ごす時間が長くなるこの時期、たいていの生徒は何かのサマーキャンプを受講します。テニスや水泳、サッカーなど、民間が様々なプログラムを出していて、それに参加します。働いている親は一日中、子供の面倒はみれませんからね。
 学年の終わりと言うと9月から次の学年に進級する新学期。しかし、学年末の試験の結果が悪い生徒は進級できない。ここのところは日本より厳格です。また、進級できない生徒を多く抱え込むと学校の評価が下がり、最悪、廃校と言う厳しいシステム。よって生徒も先生も必死。学年末の成績が悪い生徒は夏休み返上で補習です。ここも日本と違ってしっかりしている。
 同じ夏休みでも成績によってはかなり違う。まあ、でもながいVacation Seasonの始まりです。

NewYork Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

しびれるゴルフ場② 2016 年 4 月 26 日

さて見知らぬ4人のグループが出発です。前もうしろもぎっしり詰まっている。
 1番ホールのTee Boxに立つとなぜか1番ホールのフェアウェイに10人以上のプレーやがうろうろしているように見える。1番ホールのグリーンをめがけてドライバーを打とうとすると正面からボールがこちらめがけて飛んでくる。よくみると1番ホールTee Box手前にボールがごろごろある。
 ドライバーを打つにも前からプレーヤがこちらに向かってきているので危なくて打てない。よく見て分かった。1番ホールのグリーンのすぐ横が2番ホールのTeeBOXでこちら1番ホールのTeeboxの斜めうしろが2番ホールの目指すグリーン。つまり、お互いが向き合って打っている!
 向こうからボールが飛んできて危ない。でもプレイヤーたちは平然。ほとんど1番と2番は合体状態。
 In最初の10番ホールはOut最後9番ホールのグリーンとほぼ同じ場所。危ないなあと思っていると後ろの組からWATCH OUT!とでかい声。10番でドライバーを打とうとしている私たちの組に直撃。当たら無くてよかった。
 もうここまで来ると笑うしかない。こっちが打つ玉も隣のホールの人に当たりそうなる。用心すれば大丈夫かと言う気になった。メンバーの一人ジターは周りがうち終わるまで木の後ろに潜む。ホント、3方向位からボールが来るので人の気配がする限り危ない。こんな感じでみんなプレーは限りなく遅い。
 そろそろ小休止でトイレに行きたいが見当たらない。まあOutが終わればあるだろって。なんとない。えーー。我慢するしかないあと9ホールもある。9時に家を出て終わったら3時半。6時間半、トイレナシ。いやあ気を抜けないゴルフだった。気持ちがトイレに行けばおしまいだった。コースでトイレナシのゴルフ場ははじめて。
 ホントしびれるゴルフ場でした。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ