Menu

New York English Academyブログ New York Taste <ニューヨーク テイスト>

2016 年 5 月 2 日

カテゴリー:留学の注意点

留学の注意点 その40:リモの注意

留学終了後、帰国する際はリムジンを頼む生徒さんもいるのではないでしょうか。もしくは英語も慣れて、イエローキャブで空港に向かう方もいます。イエローキャブはフラットレートですし、まあ安全ですが、以前にブログに投稿したように危ない運転手もいますので、イエローキャブに貼ってあるタクシーの運転手のライセンスナンバーなどをチェックするとよいです。

ところでリムジンで空港に向かうときの注意点です。リモに乗って出発する前に、

1.ドライバーにあなたの名前の確認

2.行先を確認

をしましょう。普通のことのような気がしますが、実はこんなことがありました。

■ 違うリモに乗っちゃった!

「リモで帰国したいので」と言うご希望があって、学校でリムジン代を支払われました。行先はニュージャージーのニューアーク空港。遠いので朝早めのリムジンをアレンジ。

それが、奇遇にもその同じアパートで同じ時間にリムジンを予約した人がいたようです。だからリムジンが2台そのアパートの前で待っていたわけです。

先に現れたその生徒さん、まちがって違うリモに乗っちゃった!

リムジンを頼んだ会社から連絡がありました。「言われた時間にいったんだけど、彼女はちがう車に乗って行っちゃった。うちの他にリムジンを頼んでいたの?」

「えーーっ!」

超ビビリました。
この時点では、他のリモに乗ったということはわかってなくて、変な車に乗って事故に巻き込まれてないか、朝から心配で電話をするにも留守電。
仮に乗った車がリムジンだったとしても、もしJFK行のリムジンだったら?
空港についても乗る飛行機はなく、JFKとニューアークは真反対。
気がついてニューアークへ向かったとしてもゆっくり2時間はかかるのです。

最終的にご本人と連絡が取れて、無事にニューアーク空港についたという知らせがありました。

ご本人は「学校でリムジン代を払ったのに空港でまた払うなんて変だな」と思ったようですが・・・乗っている間違うリモに乗っちゃってたことは気づかなかったようです。

他の空港に連れていかれてたら帰国の便に間に合わず、さらに航空券を購入するとかとんでもないことになってたと思うのですが、でも何はともあれ無事に飛行機に乗れてよかったです。ホッとしました・・・

間違えて載ったリムジンのドライバーが途中で自分が乗せるはずのお客じゃないと気付いて気を利かせてニューアークへ連れていってくれたのか、
もしくはたまたまそのリムジンもニューアークへ向かう予定だったのか・・・

このオチは結構怖い気がします。

もう帰るんだからと気を許しちゃダメですね。

 

ニューヨーク語学留学なら:ニューヨークイングリッシュアカデミー

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ