Menu

ニューヨーク的思考
RSS Feed

2015 年 3 月 14 日

カテゴリー:NYこのごろ

官僚主義

 本日、ACCETへの通知が終了し、開校に関して各当局との間での必要な事務手続きがようやくすべて終了しました。
 官僚主義の米国、一つ一つの事務手続きは本当に暇がかかります。工事終了後にまずC of Oと言う書類をビルディングデパートメント(DOB)からもらう。これがものすごく大変でExpeditaterと言う専門業者を雇い、朝の5時から役所に並んでもらって手続きを行う。それでもその日に手続きに必要なアポイントがもらえるかは分からない。信じられないCrazyな世界です。このC of Oと言う書類を得るまで2ヵ月。
 そのあとはFire Inspection(消防法検査)。これは教育庁から消防署(FDNY)に通知が行く。いつ来るか分からない消防検査をじっと待つしかありません。教育庁に督促をかけるがなかなか動かない。満を持して直接FDNYとコンタクトを取るとようやくFDNYが来校。こちらから連絡しなければいつになったか分かりません。それでも11日かかりました。
 それから教育庁の現場検査。これでまた1週間かかります。それからようやく教育庁のライセンス更新。すぐに終わると言う教育庁。でもこれも2週間かかりました。
 何と言う長いプロセス。やっている役人は”やってあげている”と言う立場。日本にある国民の公僕など言う感覚は一切ありません。
米国でのビジネスはやりやすそうで実は大変ハードルが高い。レストランなども改装は終わっていてもしばらく営業していないケースが多い。似たようなプロセスで時間がかかっているはずです。アメリカ的悠長さでなく、そこにあるのは官僚主義。

New York Walker

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事