Menu

ニューヨーク的思考
RSS Feed

2015 年 8 月 2 日

カテゴリー:NYこのごろ 政治 生活

仕事しろ

 この夏のシーズン、ふつーの人はVacationを取る。ここでは大体1,2週間が相場で長い人は1ヶ月もとる。それはリフレッシュでいいでしょう―けど、仕事はちゃんとやってほしい。
 役所BPSSからの認可書類を待つこと1か月以上。問い合わせると担当がバケーション中との返答。なぜ一担当がバケーションでプロセスがストップするのか日本人的思考なら理解できない・・。こちらはBPSSとやっている訳で一担当とやっている訳ではない・・・。
 でも、これが通じないのは承知。担当がバケーションから帰るのを見計らってもう一度、問合せ。そうすると、夏はバケーションで人手が少ない。督促の問合せはするなとの返答。この暑い中、更に血圧が上がる・・。役人はえらい、と言うこの風潮。あちこちで感じます。そうしないとこの国は成り立たないのか。
 昨日、都市高速FDRで帰宅すると1時間以上の渋滞。3車線を工事で1車線にしている。どうみても2車線もCloseする必要があるように見えない。この状態が永延と1ヵ月続く。誰の判断(どの役人の判断)でこんな迷惑なことをやっているのか?”待たされるのが当たり前”にならされた国民は仕方ないとあきらめるしかない。

New York Walker

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事