Menu

ニューヨーク的思考
RSS Feed

2015 年 9 月 5 日

カテゴリー:NYこのごろ 政治 文化 生活

タイムズスクエアがヌード村3

 このタイムズスクエア、昔から歩行者天国のオープンスペースであったわけではない。前市長のブルムバーグの時代に道路を閉鎖してオープンスペースが出来上がった。独断政治の傾向が強かった前市長は、これがいいと決めればすぐに実行。市内のBike道の新設と合わせて大きなPublic Spaceをこのタイムズスクエアに作った。
 それからいつの間にかトップレスの女性たちやキャラクターの着ぐるみが出没、観光客にチップをねだるようになった。現市長のデブラジオはこのPublic Spaceを無くすとまで言って物議を醸しだしている。元の道路に戻すと言うのだ。Panhaddler(チップねだり)たちを追いだす法律がない苦肉の策だが、反対者も多い。
 先日はトップレスの女性が買春容疑で逮捕。でもこんなに世間が騒いでいてもPanhaddlerたちは自分の仕事をやめようとはしない。今日はとうとう警察NYPDのトップたちがこのタイムズスクエアの視察に訪れた。感想は”A public space without public-space rules. ” 全くその通りと思う。ここの一角だけがNYじゃない気がする。風紀を取り戻すべき。さてどのような動きが始まるのか。当局は何か手を打つのは間違いない。

New York Walker

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事