Menu

ニューヨーク的思考
RSS Feed

2016 年 9 月 13 日

カテゴリー:NYこのごろ 文化

US Open

 US Open Tennisも終わりました。いよいよNYは秋へと。
 錦織選手はセミファイナルまでのこり健闘でしてね。錦織選手を破ったWarinkaがジョコビッチを破り優勝すると言う波乱の終わり。Andyに勝ったのでWarinkaにも勝ってくれるだろうと期待していましたが勝利の女神は来なかった。残念です。
 この時期、日本からも多くの方がUS Openの観戦に見えます。私も先週、観戦に行きました。観戦の前日にテニスをしました。横で相当にうまい若い人たち、ひょっとすると日本の選手?日本のジュニアたちでした。ここで引率の人と知り合いになり初めてジュニアの応援に出かけました。
 予選は本選が行われている会場の外にありPコート(Practice Court)とよばれ、予選に勝ち残ったジュニアだけがプロの選手たちが戦う本専用のコートに入ります。その時、はじめて Welcomt to US Openと言われるそうです。Pコートの戦いは本コートと違い、ボールは自分で拾います。本選のように画面でのラインの挑戦のチャンスはなく主審の判断だけでジャッジされます。まあ、一般に試合しているのと全く変わらない。でもここから這い上がってプロになるんだと改めて思いました。
 日本からの選手は予想以上に多く、誰しも他の国の選手には負けていません。錦織効果でテニスが盛り上がっているのかも。がんばれ、高校生!

New York Walker

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事