Menu

ニューヨークの交通機関

ニューヨーク市は、マンハッタン、ブロンクス、ブルックリン、クィーンズとスタテンアイランドの5つの区から構成されています。ニューヨークへ訪れても車がないと移動できないというわけではなく、3700台のバス、716マイルを網羅した地下鉄、12000台のイエローキャブで、簡単に短時間で移動することができます。もしニューヨーク市周辺を歩くとしたら6400マイルの歩道があります。交通機関を使っても観光しやすく、町並みを歩いてゆっくり楽しむこともできます。徒歩で観光する場合は歩きやすい靴で、休みを取りながら観光しましょう。ニューヨーカーは、歩くテンポが早いので、もしあなたが歩いて観光するときは歩道の内側をいつも歩くほうがよいでしょう。

眠らない街ニューヨーク

ニューヨークは「眠らない街」と呼ばれます。最新のファッション、取引、株などニューヨークから世界に発信される情報やニュースは「世界の大都市」と呼ばれるに十分なパンチがあり、それゆえに「眠らない街」と呼ばれるのです。1日かけてもまわりきれないさまざまな文化のレストラン、たとえば、中華、インド料理、南米料理、イタリアン、フレンチなど世界の食文化をニューヨークで満喫することができます。活気付いた刺激がいっぱいの大都市です。

title right img

ニューヨーク市のバスと地下鉄

ニューヨークのバスシステムは200ものルートがあり、おおよそ2ブロックごとにバス停があります。片道どこまで行っても2ドルと安く、距離を気にすることはありません。トークンのほか便利なメトロカードも各駅で購入できます。2ドルの現金でも直接乗車できますがバスの運転手は両替はしませんので、あらかじめ両替は事前にしておきましょう。メトロカードにもさまざまなオプションがあり、1日もしくは1週間の乗り放題や、1ヶ月の乗り放題パス、もしくは$10や$20で購入できるパスもあります。

title right img

ニューヨーク市の移動には地下鉄が早く、乗車の方法も簡単です。電車は24時間稼動しており、通常数分単位で電車がホームに到着します。350万人のニューヨーカーが地下鉄を通勤、通学に利用し、地下鉄はニューヨーク市をくまなく網羅しています。
地下鉄もバスと同じカードが使え、バスから地下鉄、地下鉄からバスの一定時間内の乗り換えは無料となっています。

タクシー

ニューヨークのひとつのシンボルとして知られているタクシーはニューヨーク市を移動するにはバスや地下鉄より少し割高です。タクシーはメジャーなホテル、タクシー乗り場や駅前で乗車することができます。タクシーに乗るには手を上げるだけです。乗車するとタクシーの上のサインがつきます。もしそのタクシーが勤務外の場合は、タクシーの上に「Off duty」(勤務外)というサインがついていますので、そのタクシーには乗車できません。運賃は最初の3マイルが$2.50、それから1.5マイルごともしくはタクシーが渋滞などで移動しない場合は2分ごとに$0.40ずつ、運賃は上がります。午後8時から翌朝6時までは、深夜チャージとして$0.50がそれぞれに加算されます。トール料金などは別ですので、下りる際に別に払う必要があります。

title right img

イエローキャブのほかに個人タクシーや自転車、フェリーなどがあります。しかしながら法外な値段もあるためにニューヨーカーは利用しません。
イエローキャブ、バス、地下鉄以外を利用する際は料金を確かめてから乗車されることをお勧めします。
ニューヨークではどこにいても、これらのサービスを簡単に受けることができます。