Menu

ニューヨーク的思考
RSS Feed

2017 年 1 月 24 日

カテゴリー:NYこのごろ 政治

トランプ政権

 とうとうトランプ政権がスタートした。依然多くの人たちがこの現実に異議を唱えている。大統領のReplaceは簡単にはいかない。Impeachment(弾劾裁判)で大統領を罷免することは出来るが実現したことはない。
 過去に2回のImpeachment。1回目は第17代大統領アンドリュー・ジョンソン、罷免ならず。2回目はニクソン大統領のウォーターゲート事件。ただし、この件はニクソンが裁判前に辞任をしたので実際は裁判は行われていない。3回目はビルクリントン、ホワイトハウス内の不倫事件がらみ。下院では訴追されたものの上院での弾劾裁判で、有罪評決に必要な2/3には達せず、大統領罷免は免れた。
 それなら4年後の大統領選まで反トランプ国民は我慢するのか?2年後に中間選挙が実施され、ここで大幅に共和党が負けると議会政治は運営不可能となります。つまり4年後の敗退印籠をここではやくも渡されてしまう。
 トランプ氏は支持層に訴えてきたことをこの2年で実現するしか生き残る道はない。安易なことではありません。極端な政策を強引に実現させれば裏目に出る。貿易でも米国中心だけでやると日本をはじめ多くの産業が米国を離れ、逆に雇用が減ることもある。
 しかし支持者に公約した事項を無視すればトランプ氏には未来はない。いくら公約を実行しても不景気になれば支持者は振り向かない。本当にむつかしい立ち位置と思う。
 こうやって追い詰められると爆走しないかと考えれば怖い。国の利益でなく、個人の思い込みで走ってしまう。
 是非、あの30年前の活況あるアメリカに戻してほしいが簡単ではない。移民問題も一方面だけみると必ず失敗する。国、国と言っているがその国はいろいろな人たちで成り立っている。今や米国はアングロサクソン人だけでない。
 新手の手法がうまく行くように期待したいと思います。

New York Walker

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事