Menu

ニューヨーク的思考


留学生のみなさん。不法滞在の定義が厳しくなっています。 2018 年 6 月 18 日

中国人の父親が国外追放の通知をICEからうけました。
彼はアメリカ人女性と結婚して子供が二人います。家業はネイルサロンで、主に奥さんが切り盛りし、彼はもっぱら子育て。アメリカ人女性は中国系ですが、アメリカで生まれたアメリカ国籍のアメリカ人。
彼らは想像もしていなかった新法で裁かれました。
結婚相手が市民である場合、そのパートナーはグリーンカードを申請して、数年を経てアメリカ国籍を得ることができます。
彼は中国から旅行ビザで入国し、その後不法滞在で数年を過ごしていました。
今までのアメリカなら不法滞在があったとしてもグリーンカード取得の条件がある人なら永住権取得のプロセスが進み、海外追放などあり得ませんでした。
どうして?今までは不法滞在日数は不法滞在が公式に発覚したその日からカウントすると言う法律に基づき、彼のようにグリーンカードの取得時に不法滞在が公式に発覚してもその日から不法滞在の日数のカウントが進み、しかもグリーンカード取得のプロセスにのれば、カウントは止まる。つまり今まで不法滞在があってもアメリカ人になれるチャンスがあった。不法滞在の人が就職して就労ビザを得、アメリカ国籍を取得した話はちらほらと聞いていた。
が!新法では不法滞在のカウントは正式に発覚した日からではなく不法滞在を始めた日にさか戻って計算される。。180日の不法滞在をすると3年から10年は米国に入れない。1年以上の不法滞在は二度とアメリカには入国できない。トランプによる移民追い出し策のNY第一号の犠牲者がこの彼となってしまった。彼はグリーンカードの申請時に逮捕され、奥さん、子供と離れ離れ。今はNJで軟禁状態。
他人事ではありません。留学生の皆さん、十分に気を付けてください。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

性別X 2018 年 6 月 7 日

 ニューヨーク市の議会に新たな法案が提出された。Birth Certificate(出生証明書)には当然Male(男性)かFemale(女性)の記載があるのだが、その変更。
 昨今、特にニューヨークで問題になっているのはGender(性別)の問題。出生は男性であっても成長してからは女性と意識する人、また逆の人。彼らが何の偏見や不自由もなく生活できることがニューヨーク市では注視されている。
 例えば、男性用と明記するトイレの表示をなくすとか。今回、市に提出された法案はこのような動きをさらに加速する。
 出生証明書にはM(男性)かF(女性)の表記がある。このM,F表記に加えてXを入れつと言うもの。M,Fの判断がはっきりつかない人はXを選ぶことが出来る。
 更に子供が出生したときに親がXを選ぶこともできる。成長後の本人の意思なら良く分かるが、生まれてきた子供に親がXを付けるって?あり?
 でもよく考えると履歴書などに年齢などを書かないこの国。差別を避けるためと言うことだが、書類上での男女の識別も差別かもしれないと考えてしまう。それなら、生まれたときにXを選ぶことも良晏かもしれない。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

2018年1月 2018 年 1 月 21 日

 暫く、日本に居ました。久しぶりの投稿です。今日のニューヨークは比較的あたたかい。10℃位にはなりそうです。今日は日本より暖かいかも。
ニューヨーク市はManhattan、Queens,Brooklyn, Bronx, Staten Islandの4つの群からなります。マンハッタンを中心に残り4つの群は橋でつながっています。前から話題にあっていたCongestion Pricingの構想が昨日、クオモニューヨーク知事から提案がありました。
Congestionとは渋滞。どこの群も渋滞があり、車での移動は大変。その中でもマンハッタンの渋滞は際立っている。他の群から毎日、多くの車が流入するから。
 Congestion Pricingはマンハッタンの60丁目より南に入る車に課税すると言うPlanです。自家用車なら12㌦弱を支払うと言う提案です。もちろん、議会の承認を得なければ法案として成立しませんが、もし成立すればこれは車での通勤者には大きな痛手。
 もともと、マンハッタン内の駐車場はものすごく高い。4時間駐車を過ぎれば50ドル近くの駐車料金となる。これに加えて毎日12㌦弱も課税が入れば、確かに車の通勤は減るかも。そのおかげで駐車場ビジネスは一気に縮小。雇用がしぼむ。
 ニューヨーク市長のデブラジオは州知事の提案に反対。私ももちろん、反対。
 ニューヨークの人口は増え続けている。それに対して市や州は財政難。しかし、市民にダイレクトなつけは困る。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

国連そして北朝鮮 2017 年 9 月 26 日

 先週1週間は国連の会議。おかげで交通渋滞が続いた。国連のある1番通りと42丁目付近は閉鎖。まあこれは仕方ない。ここのゾーンは車ではいけない。困るのがFDR(マンハッタンの東側を走る都市高速)。マンハッタン内にアクセスするにはこのFDRを利用しなければならないが、国連での会議出席のVIPが移動するたびに封鎖になる。それも予告なし。どれくらいの間、封鎖になるかも分からない。
 この国連会議はニューヨーカーにとってはとても厄介。トランプはマンハッタンの自宅に戻るし、おかげで付近も渋滞。ただでさえ、交通事情が悪いニューヨークで更に事情が悪くなる。この時期は車はやめて公共の交通機関にするしかない。でも、同じことを考える人は大勢。と言うわけでサブウェイも混雑。まあ、どうしようもない。
 北朝鮮への挑発演説をするトランプ、それをまた挑発する北朝鮮外相。国連内で戦争は起きないけど、同じ場所で罵り合い。離れた国同士で言いやっているのは仕方ないにしても、わざわざNYに来て喧嘩か・・何のためにNYに集まっているのか。こんな場のおかげでNYでの生活者はえらい迷惑だ。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ニューヨーク州の公立大学が無料に 2017 年 4 月 18 日

 先週の火曜日にニューヨーク州の効率の大学の授業料が無料になるという画期的な法律が正式に州知事によって認められました。
 Excelsior Scholarshipと名付けられた奨学金。Excelsior とは更に高くという意味でニューヨーク州の標語です。3年間段階を追って2017年で家庭の年収が100,000,000㌦以下(1000万円以下)、2018年110,000,000㌦以下(1100万円以下)そして2019年に125,000,000㌦以下(1250万)までと対象が広がります。
 驚くべき点はその対象年収です。1000万円以下を対象にしているのでほとんどの中流階級以下の層がその対象となります。思い切った政策です。また効率の大学なので州立大学、市立大学も対象となります。2年制のコミュニティーカレッジも対象です。この制度で多くの学生が助かるでしょう。
 更に注目なのがこの制度、全米で初めて!これからニューヨーク州に続く州も出てくるでしょう。この画期的な制度、教育を重視するアメリカの姿勢を象徴しています。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

JFK混乱 2017 年 1 月 29 日

 トランプ大統領のMuslim Travel Banのおかげで空港が大混乱。 Iraq, Iran, Libya, Somalia, Sudan, Syria,Yemenからの入国者は例え永住権保持者であっても入国できない。永住者でも米国を出国する前に政府から出国のParrolewをとる必要がある。その書類だけで馬鹿にならないお金と時間がかかる。
 今日の空港はとんでもない騒ぎだ。イラクからきた2名が強制送還されたらしい。これは相当ショックです。17名が入国を待機させられている。5000人もの人が抗議デモにJFK空港に集まっている。
 米国への入国審査はただでさえも官僚的なのにここにきて一気にその勢いがついたようだ。ブルックリンの裁判所が入国拒否をやめる決済を即座に出したがどこまで効き目があるのか分からない。米国は移民の国。不法移民やテロを取り締まる意図は分かるがこんな乱暴なやり方は逆効果になる。明らかに手法を間違えている。
 大統領としての行動とは思えない。
 イスラム教の国の事だから関係ないとは言ってられない。大統領はもっと学ぶべきだ。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

トランプ政権 2017 年 1 月 24 日

 とうとうトランプ政権がスタートした。依然多くの人たちがこの現実に異議を唱えている。大統領のReplaceは簡単にはいかない。Impeachment(弾劾裁判)で大統領を罷免することは出来るが実現したことはない。
 過去に2回のImpeachment。1回目は第17代大統領アンドリュー・ジョンソン、罷免ならず。2回目はニクソン大統領のウォーターゲート事件。ただし、この件はニクソンが裁判前に辞任をしたので実際は裁判は行われていない。3回目はビルクリントン、ホワイトハウス内の不倫事件がらみ。下院では訴追されたものの上院での弾劾裁判で、有罪評決に必要な2/3には達せず、大統領罷免は免れた。
 それなら4年後の大統領選まで反トランプ国民は我慢するのか?2年後に中間選挙が実施され、ここで大幅に共和党が負けると議会政治は運営不可能となります。つまり4年後の敗退印籠をここではやくも渡されてしまう。
 トランプ氏は支持層に訴えてきたことをこの2年で実現するしか生き残る道はない。安易なことではありません。極端な政策を強引に実現させれば裏目に出る。貿易でも米国中心だけでやると日本をはじめ多くの産業が米国を離れ、逆に雇用が減ることもある。
 しかし支持者に公約した事項を無視すればトランプ氏には未来はない。いくら公約を実行しても不景気になれば支持者は振り向かない。本当にむつかしい立ち位置と思う。
 こうやって追い詰められると爆走しないかと考えれば怖い。国の利益でなく、個人の思い込みで走ってしまう。
 是非、あの30年前の活況あるアメリカに戻してほしいが簡単ではない。移民問題も一方面だけみると必ず失敗する。国、国と言っているがその国はいろいろな人たちで成り立っている。今や米国はアングロサクソン人だけでない。
 新手の手法がうまく行くように期待したいと思います。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

初めての自前のCharter School 2016 年 12 月 16 日

 ニューヨークで積極的にCharter Schoolを展開しているSuccess Academy。公共の建物、主に公教育が撤退した建物を使用し、市民の税金で学校を運営する。学校の憲章(Charter)を掲げ、公共の学校と同等として運営するが、教職員の給与は自社で決めて市に払わせる。
 運営内容は生徒父母に支持されているようだが、Chater Schoolの反対集会には父母をバスで大量導入して抗議と強引なやり方。ことごとく市と対立。特に現職の市長とは市長就任前からの政敵の中。
 このCharter Schoolの代表がMs.Moskowitz 。TrumpによってSecretary of Education にノミネートされている。
 今でもTVを見れば市長デブラジオの批判広告、”市長はPoliticで遊ぶのをやめろ。Charter Schoolの入学を待つ多くの生徒のために直ちに公共の場所を開放しろ”というメッセージが流れる。もちろんMs.Moskowitzの主導。何年もの間、Charter Schoolに公共の場を開放しろと言ってきた Ms.Moskowitz。
 ところが、手のひらを返したように60億円を投入して自費で学校を買い付けた。このタイミング、やっぱり考えてしまう。Secretary of Education にノミネートされ、出方を変えたか?
 教職組合など彼女の教育省長官就任には猛反対している。今後の政権運営の駆け引きの一つのように考えてしまう。Trumpも大統領就任前に色々とその行動は公約から修正されている。
 米国は明らかに変化している。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

トランプ人事は続く 2016 年 11 月 25 日

 今日は感謝祭。七面鳥は受難の日。4600万羽がこの日のために殺される。七面鳥を食べパンプキンパイを食べて米国を家族で祝う日。
 昨日は感謝祭前日で大型連休前。学校の職員もスーツケースを持って出勤する人もあり、マンハッタンを脱出して故郷に帰る日。早くも2時過ぎから都市高速道路は渋滞が始まった。
 一夜明け、今日の感謝祭から米国はクリスマスを挟んで年末までホリデーシーズンになる。子供のころにこのような経験がない私にはどうもしっくりといかない。やはり、年末年始の日本の雰囲気の方が私にとってはホリデーシーズンに感じてしまう。
 米国は1月2日からかきっとビジネスが始まる。今が日本の年末年始の気分か。
 でも今年の1月は違う。8年ぶりの大統領就任式がある。1月を前にしてトランプ政権は閣僚やその他の役職を次々と発表していつものホリデーシーズンとは違う緊張感が流れる。
 Education SecretaryにBestsy Devosが選ばれた。ニューヨークに100以上ものチャータースクールを作り、公立の学校の存在を脅かしている。もっとも前市長のマイケルは彼女を高く評価し、公立の学校をこの公立と私立の中間ともいえるチャータースクールに教育改革を託した。
 チャータースクールに反対する集会にはチャータースクールの父兄をバスで送り込んで対抗するという強引なやり方。また、現市長のデブラジヲの因縁の宿敵のBestsy女史。Teachers Unionは全く予想もしないUnhappyな人選。
 何やらまた、とんでもない変革が起こりそうな気配。今年はクリスマスで浮かれてばかりいられない米国だ。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ヒラリーにまだ返り咲きのチャンス? 2016 年 11 月 18 日

 毎日、話題が絶えないトランプ政権。ミッドタウンにある私邸の周りではデモが続き、そのSecurityのためにニューヨーク市警と連邦政府側が対立する。彼の私邸はマンハッタンのど真ん中。確かに警護をしっかりすればするほど渋滞が起きて大変なことになる。
 トランプ氏が指名した上級顧問は超白人至上主義者で過去にDVや人種差別の経緯がある。このような人物がホワイトハウスの上位指導者となればただ事ではない。多くの人がトランプ氏の今後の動向を心配している。
 トランプ氏の当選が決まった時、失望して泣き出した人もいる。私たちの職場でもイスラム教の人がその瞬間泣いた。このうねりは予想以上に大きい。
 未だにトランプ大統領誕生を認めずにヒラリー大統領の誕生を切望している人達も数多くいる。でもどうやって?大統領選挙はもう終わったじゃないか?実は正式な選挙はまだ終了していない。
 12月19日に選ばれた選挙人たちが各州で投票を行い正式な大統領が決定する。大統領選は州ごとのまる取り、つまり、その州でトランプ票の数が勝ればすべての選挙人はたとえもともとヒラリー票の選挙人であっても12月19日にはトランプ氏に投票しなければならない。そうやって11月の選挙結果と同じ結果がが12月19日に出る。
 しかし、過去にもFaithless Electorsと呼ばれる人々がそのルールを破り反対の候補者に投票している。こう言うFaithless Electorsには州から罰金などが科せられるが大きなものではない。そこでまだヒラリーが逆転するという怪奇な説が浮上する。 実際に選挙人にトランプ氏に投票しないように運動している人たちもいる。過去はどうだったか?いやほんのわずかのFaithless Electorsはいても11月の結果が覆ったことはない。でも覆すことを本気でもくろんでいる人たちが大勢いる。
 それだけ今回のトランプ氏当選は大きなショックに違いない。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ