Menu

ニューヨーク的思考
RSS Feed

2019 年 1 月 26 日

カテゴリー:NYこのごろ 政治

Government Shut Down

トランプ大統領と民主党の対決が続いている。アメリカ連邦政府は今日で35日目のシャットダウン。そのおかげで連邦政府の予算が凍結してじわじわと市民生活に影響が出ています。
 湾岸警備隊など連符政府の職員が給与をもらえずに困っている状況で食糧の配給などのボランティア活動が始まっている。支援金をもらいながら大学に通っている学生への民間支援も始まった。いかに連邦政府の予算が市民生活に影響しているのかよく分かります。
 ニューヨークにはJFK空港とラガーディア空港があります。ラガーディア空港では給与をもらえない職員が欠勤し、人手不足で飛行機がキャンセルや遅延となっています。
 この深刻な事態を受けて先ほどトランプ大統領の演説がありました。2月上旬まで大統領権限で政府をオープンするのでそうです。しかし、彼の国境沿いの壁構想は強硬です。
 もし、民主党がこの法案に同意しなければまたシャットダウンになるだろうと言っています。壁を作ることでギャングやドラッグのなどの侵入を阻み、米国の安全につながると強い意志を再度表現しました。
 壁はスチール製でモニターなども備えている。すでに外部からの犯罪侵入のおかげで大きな金を浪費しているので壁を作る金は壁のおかげで犯罪が減り取り返せると言う理屈です。
 民主党に少しでも歩み寄る演説をするのかと思うととんでもない。
 アメリカはこの先、どうなるんだろう。

New York Walker

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事