Menu

ニューヨーク的思考

車検だ 2017 年 7 月 29 日

 日本に一時帰国したりでもう8月間近になってしまいました。ニューヨークも暑いが日本より湿気がない分ましかな。夏休みは生徒も増えて学校も活気があります。
 ニューヨークで厄介なことの一つが車。毎年、車検があります。今年もその時期。正確には毎年Car Inspectionがあって2年毎に陸運局に車の登録更新をしなければなりません。登録更新はWebで136㌦支払えば完了で登録証が届きます。あとはフロントガラスの内側に貼ってある古い登録シールを剥がして新しいシールを貼る。またCar Inspectionも終わると新しいシールに張り替えます。
 フロントガラスの内側は結構なシールだらけ。これがまた剥がすのが大変でこの暑い中、汗だくです。剥がしたら剥がしたでフロントガラスには傷が入る。ホント面倒くさいし、シール張り替えは車にはよくない。
 Car Inspectionは近くの町工場に予約を取って持っていく。予約は相手の言いなりだし、朝、車を持って行っていつ検査終了か分からないので部屋で待機して電話を待つことになる。一日、預かってもらえばいいじゃないかと思うでショ。工場に行くと納得するが、マンハッタンの工場は住宅地のど真ん中で究極狭い。よく車が入るなと言う入り口から地下の狭い工場へと続く。何ともせせこまい。本当にアメリカらしくない工場。
 まあ、言っても仕方ない。毎年のことです。また一日、車検でつぶれてしまいます。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

疲れがとれない 2017 年 5 月 28 日

 メモリアルデイ Weekendです。アメリカ国民の大型連休。戦没者追悼の日となっていますが日本でいう盆休みみたいなもの。多くのアメリカ人が故郷に帰り、家族と過ごす日になっています。
 3400万人の人が車で移動するという国民行事です。ニューヨークをEscapeする人が多く、昨日はマンハッタンから出ていく車が渋滞。空港や電車の駅もごったがえしていました。
 5月29日(月)はスパーをはじめ、ほとんどの店が閉店します。学校ももちろん休みです。
 実はこの大型連休に突入する前にACCETの現地検査がありました。Accreditationの更新のための定例検査です。
と言えば、大したことないように思えますが、何しろAccreditationの更新は学校運営の必須事項。みんな、とても緊張しました。
 朝の8時半から6時まで2日間にわたりインタビューを含め、学校運営状況の細かなチャックがありました。書類のチェックをはじめ、授業のチェック、生徒や講師のインタビューと運営スタンダードの確認です。無事に終了しましたが、その後遺症が大変。背中や首がバチバチ。この大型連休は何とか体を元に戻すことで必死です。十分に運動してあとはマッサージか・・

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ニューヨーク州の公立大学が無料に 2017 年 4 月 18 日

 先週の火曜日にニューヨーク州の効率の大学の授業料が無料になるという画期的な法律が正式に州知事によって認められました。
 Excelsior Scholarshipと名付けられた奨学金。Excelsior とは更に高くという意味でニューヨーク州の標語です。3年間段階を追って2017年で家庭の年収が100,000,000㌦以下(1000万円以下)、2018年110,000,000㌦以下(1100万円以下)そして2019年に125,000,000㌦以下(1250万)までと対象が広がります。
 驚くべき点はその対象年収です。1000万円以下を対象にしているのでほとんどの中流階級以下の層がその対象となります。思い切った政策です。また効率の大学なので州立大学、市立大学も対象となります。2年制のコミュニティーカレッジも対象です。この制度で多くの学生が助かるでしょう。
 更に注目なのがこの制度、全米で初めて!これからニューヨーク州に続く州も出てくるでしょう。この画期的な制度、教育を重視するアメリカの姿勢を象徴しています。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

新しいオプション 2017 年 4 月 13 日

ここ数日ようやく春らしい気候になってきました。桜もちらほらと。
 先日、認可団体ACCETから学校の査察が5月と通知がありました。今回はAccreditationの更新なので大事じゃないはず。とはいえ、2日間にわたる現場検査です。やはり緊張する。
 3月、4月は何かと認可ごとが多い。体も固くなる。マッサージに行ってみよう!と言う言葉が頭をめぐる。実は20年以上、ニューヨークで生活をしながらマッサージなるもの一度も言ったことが無い。日本に戻った時はちょくちょくお世話になるものの、ニューヨークのマッサージ店は見るからに怪しげ。狭い入口にカーテンを仕切ったドアと言うのが一般的で中の様子がわからず何やら怖い。値段は60分55㌦と表記してあるが、チップをどれくらい要求するのか・・。どんなサービスなのか・・。などなど心配店がいっぱい。
 でも、この背中のはりは何とかしたい。ミッドタウンには日本人がやっているマッサージ店もあるが、法外に高いし、休みに何もミッドタウンまで行きたくないし、くつろぐなら自宅近くか。あのカーテンがあるドアの店に行くのか・・。
 とうとう行ってみました。4名のセラピストは中国人。まともです。全員、免許もち。ライセンスがなければ営業できないはず。果たして日本人がやっているマッサージ店はライセンスもちかなと疑問がよぎる中、ここのマッサージはまともでした。
 さすがに狭いベッドでしかもパンツ一枚になるのは日本とはかなり違うが、オイルでのマッサージはそれなりに癒されました。チップは10㌦。つまり1時間65㌦。安くはないがNYならこんなものか。
 ニューヨーク生活でもう一つ新たなオプションが加わりました。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ダブル認可 BPSS & ACCET 2017 年 3 月 20 日

しばらく日本にいました。日本はようやく暖かくなりかけてたところ、桜も咲き始めてましが、NYはまだ雪が積もっている。温度は3℃くらい。まだ寒い。先日到来したSnow Stormのおかげで街中はまだ雪が残っている。もう解け始めで黒くなった雪が歩道を狭くして歩行者の行き来をじゃまする。
NYに戻って何がいいかと言うと”花粉症”。日本では花粉症でくしゃみが続いたが、今はここには花粉症がない。ただ、5月頃からこちらの花粉症は始まる・・・。
さて、学校は先日、NYS教育庁のBPSSの4年に一度の査察を終了し、無事に学校ライセンスの更新を終えました。引き続き、6月には政府公認認可団体のACCETの認可更新の査察があります。現在、この査察前に提出する書類の作成に追われています。
今週の金曜日が提出締切日。何十にも及ぶ質問に証拠の書類付きで答えなければなりません。すべては学校運営に関することで学校が適正に運営されているかの認可を得るためのものです。これは米国での学校運営には必須の認可です。
今年はBPSSの認可申請とACCETの認可申請がダブルできてとても大変です。6月までまだまだ緊張が続きます。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

JFK混乱 2017 年 1 月 29 日

 トランプ大統領のMuslim Travel Banのおかげで空港が大混乱。 Iraq, Iran, Libya, Somalia, Sudan, Syria,Yemenからの入国者は例え永住権保持者であっても入国できない。永住者でも米国を出国する前に政府から出国のParrolewをとる必要がある。その書類だけで馬鹿にならないお金と時間がかかる。
 今日の空港はとんでもない騒ぎだ。イラクからきた2名が強制送還されたらしい。これは相当ショックです。17名が入国を待機させられている。5000人もの人が抗議デモにJFK空港に集まっている。
 米国への入国審査はただでさえも官僚的なのにここにきて一気にその勢いがついたようだ。ブルックリンの裁判所が入国拒否をやめる決済を即座に出したがどこまで効き目があるのか分からない。米国は移民の国。不法移民やテロを取り締まる意図は分かるがこんな乱暴なやり方は逆効果になる。明らかに手法を間違えている。
 大統領としての行動とは思えない。
 イスラム教の国の事だから関係ないとは言ってられない。大統領はもっと学ぶべきだ。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

トランプ政権 2017 年 1 月 24 日

 とうとうトランプ政権がスタートした。依然多くの人たちがこの現実に異議を唱えている。大統領のReplaceは簡単にはいかない。Impeachment(弾劾裁判)で大統領を罷免することは出来るが実現したことはない。
 過去に2回のImpeachment。1回目は第17代大統領アンドリュー・ジョンソン、罷免ならず。2回目はニクソン大統領のウォーターゲート事件。ただし、この件はニクソンが裁判前に辞任をしたので実際は裁判は行われていない。3回目はビルクリントン、ホワイトハウス内の不倫事件がらみ。下院では訴追されたものの上院での弾劾裁判で、有罪評決に必要な2/3には達せず、大統領罷免は免れた。
 それなら4年後の大統領選まで反トランプ国民は我慢するのか?2年後に中間選挙が実施され、ここで大幅に共和党が負けると議会政治は運営不可能となります。つまり4年後の敗退印籠をここではやくも渡されてしまう。
 トランプ氏は支持層に訴えてきたことをこの2年で実現するしか生き残る道はない。安易なことではありません。極端な政策を強引に実現させれば裏目に出る。貿易でも米国中心だけでやると日本をはじめ多くの産業が米国を離れ、逆に雇用が減ることもある。
 しかし支持者に公約した事項を無視すればトランプ氏には未来はない。いくら公約を実行しても不景気になれば支持者は振り向かない。本当にむつかしい立ち位置と思う。
 こうやって追い詰められると爆走しないかと考えれば怖い。国の利益でなく、個人の思い込みで走ってしまう。
 是非、あの30年前の活況あるアメリカに戻してほしいが簡単ではない。移民問題も一方面だけみると必ず失敗する。国、国と言っているがその国はいろいろな人たちで成り立っている。今や米国はアングロサクソン人だけでない。
 新手の手法がうまく行くように期待したいと思います。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

初めての自前のCharter School 2016 年 12 月 16 日

 ニューヨークで積極的にCharter Schoolを展開しているSuccess Academy。公共の建物、主に公教育が撤退した建物を使用し、市民の税金で学校を運営する。学校の憲章(Charter)を掲げ、公共の学校と同等として運営するが、教職員の給与は自社で決めて市に払わせる。
 運営内容は生徒父母に支持されているようだが、Chater Schoolの反対集会には父母をバスで大量導入して抗議と強引なやり方。ことごとく市と対立。特に現職の市長とは市長就任前からの政敵の中。
 このCharter Schoolの代表がMs.Moskowitz 。TrumpによってSecretary of Education にノミネートされている。
 今でもTVを見れば市長デブラジオの批判広告、”市長はPoliticで遊ぶのをやめろ。Charter Schoolの入学を待つ多くの生徒のために直ちに公共の場所を開放しろ”というメッセージが流れる。もちろんMs.Moskowitzの主導。何年もの間、Charter Schoolに公共の場を開放しろと言ってきた Ms.Moskowitz。
 ところが、手のひらを返したように60億円を投入して自費で学校を買い付けた。このタイミング、やっぱり考えてしまう。Secretary of Education にノミネートされ、出方を変えたか?
 教職組合など彼女の教育省長官就任には猛反対している。今後の政権運営の駆け引きの一つのように考えてしまう。Trumpも大統領就任前に色々とその行動は公約から修正されている。
 米国は明らかに変化している。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

トランプ人事は続く 2016 年 11 月 25 日

 今日は感謝祭。七面鳥は受難の日。4600万羽がこの日のために殺される。七面鳥を食べパンプキンパイを食べて米国を家族で祝う日。
 昨日は感謝祭前日で大型連休前。学校の職員もスーツケースを持って出勤する人もあり、マンハッタンを脱出して故郷に帰る日。早くも2時過ぎから都市高速道路は渋滞が始まった。
 一夜明け、今日の感謝祭から米国はクリスマスを挟んで年末までホリデーシーズンになる。子供のころにこのような経験がない私にはどうもしっくりといかない。やはり、年末年始の日本の雰囲気の方が私にとってはホリデーシーズンに感じてしまう。
 米国は1月2日からかきっとビジネスが始まる。今が日本の年末年始の気分か。
 でも今年の1月は違う。8年ぶりの大統領就任式がある。1月を前にしてトランプ政権は閣僚やその他の役職を次々と発表していつものホリデーシーズンとは違う緊張感が流れる。
 Education SecretaryにBestsy Devosが選ばれた。ニューヨークに100以上ものチャータースクールを作り、公立の学校の存在を脅かしている。もっとも前市長のマイケルは彼女を高く評価し、公立の学校をこの公立と私立の中間ともいえるチャータースクールに教育改革を託した。
 チャータースクールに反対する集会にはチャータースクールの父兄をバスで送り込んで対抗するという強引なやり方。また、現市長のデブラジヲの因縁の宿敵のBestsy女史。Teachers Unionは全く予想もしないUnhappyな人選。
 何やらまた、とんでもない変革が起こりそうな気配。今年はクリスマスで浮かれてばかりいられない米国だ。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ヒラリーにまだ返り咲きのチャンス? 2016 年 11 月 18 日

 毎日、話題が絶えないトランプ政権。ミッドタウンにある私邸の周りではデモが続き、そのSecurityのためにニューヨーク市警と連邦政府側が対立する。彼の私邸はマンハッタンのど真ん中。確かに警護をしっかりすればするほど渋滞が起きて大変なことになる。
 トランプ氏が指名した上級顧問は超白人至上主義者で過去にDVや人種差別の経緯がある。このような人物がホワイトハウスの上位指導者となればただ事ではない。多くの人がトランプ氏の今後の動向を心配している。
 トランプ氏の当選が決まった時、失望して泣き出した人もいる。私たちの職場でもイスラム教の人がその瞬間泣いた。このうねりは予想以上に大きい。
 未だにトランプ大統領誕生を認めずにヒラリー大統領の誕生を切望している人達も数多くいる。でもどうやって?大統領選挙はもう終わったじゃないか?実は正式な選挙はまだ終了していない。
 12月19日に選ばれた選挙人たちが各州で投票を行い正式な大統領が決定する。大統領選は州ごとのまる取り、つまり、その州でトランプ票の数が勝ればすべての選挙人はたとえもともとヒラリー票の選挙人であっても12月19日にはトランプ氏に投票しなければならない。そうやって11月の選挙結果と同じ結果がが12月19日に出る。
 しかし、過去にもFaithless Electorsと呼ばれる人々がそのルールを破り反対の候補者に投票している。こう言うFaithless Electorsには州から罰金などが科せられるが大きなものではない。そこでまだヒラリーが逆転するという怪奇な説が浮上する。 実際に選挙人にトランプ氏に投票しないように運動している人たちもいる。過去はどうだったか?いやほんのわずかのFaithless Electorsはいても11月の結果が覆ったことはない。でも覆すことを本気でもくろんでいる人たちが大勢いる。
 それだけ今回のトランプ氏当選は大きなショックに違いない。

New York Walker

にほんブログ村 海外生活ブログへ