Menu

話題にはあまりなりませんが、5月最後の月曜日はMemorial Day (戦没者記念日-アメリカの公休日) であり、本格的に夏がやって来た!と感じる時期です。そろそろ1学年が終わりに近づき、待ちに待った長い夏休みの始まりと、喜びでワクワクしていた小学生時代を思い出します。30代になっても、5月の終わりに近づくと、嬉しさの余りクラクラしてしまうのですから。

ご存知の様に、今年はワクチン接種を2回済ませ、我慢していた時間を取り戻すべく、昨年とは全く異なる夏となる事を心から望んでいます。いずれにしても、せっかくNYに住んでいるのですから、仲間とのお付き合いもよし、週末にシヨートトリップも楽しむつもりです。

コロナ禍も一年以上になり、新しい段階にと変わりつつあります。6月NYにいらっしゃるのなら、安全に過ごしながら何をしようかと考えているのではありませんか?

そこで、ちょっと耳よりなお話。皆さんが一生懸命学んで身につけて来たリスニングやリーディング、スピーキングの応用力を試してみませんか?

さあ、日焼け止めを塗ってマスクを着けて、NYの夏を思い切りエンジョイしましょう!

1. Governors Ball Music Festival, June 4-June 5th, Randall’s Island Park  ミユージックフェスティバル、6/4-6/5  ランドールアイランドパーク  

This image has an empty alt attribute; its file name is AdobeStock_172558897-1024x683.jpeg

        

皆さんの多くは私のように家の中で過ごすのはもうウンザリ、外に出たいのではありませんか? 天気が良くなり気分も最高潮の今、出来る限り屋外で過ごしたいものです。ただし、2回のワクチン接種を済ませた今でも、安心性を意識して屋外イベントを探しています。イベントで新たに人々に出会う為に、マスクを持参して出来る限り安全に過ごしましよう。また、英語は初心者で練習の機会を探しているのでしたら、屋外でのミュージックイベントはいかがでしょうか?ちょっと忘れていたアーティストを聞き直したり、新しいトレンドミュージックも良さそう。友達と一緒に楽しんじゃいましょう!

2. Sunset Yoga, June 9th, Staten Island. サンセットヨガ, 6/9, ステイトンアイランド

言葉に表せられない程うっとりするビックアップルの夕暮れのもと、ステイトンアイランドでのサンセットヨガはマストハブ、絶対に外せないイベントです。リアルタイムでの人との関わりが出来るだけではなく、驚くほど素晴らしくハッと息をのむような美しい風景が目の前に広がり、大都市でのヨガイベントに来ていることを忘れてしまうほど。ヨガのストレッチを楽しみながら英語の新しい感覚も学べるこのイベント。仲の良い友達と一緒に、分からない時は恥ずがらず周りの人に助けてもらいましょう。

3. Broadway, Ongoing ブロードウエイシヨー開催中

ブロードウエイては6月に屋外イベントはありませんが、スケジュールのリストにいれておいて下さいね。NYの名高いブロードウエイは、コロナパンデミックの間本当に辛い一年となってしまいました。関係者は出来る限りの事をしてきましたが、巨大エンタテイメントとしては、オンラインやバーチャルイベントからかけ離れてしまいました。そして今、ゆっくりと、慎重に再開され以前の様に皆が集まろうとしています。ワクチン接種率がより高まり、世界中からまた観光客が戻れば、観光産業が盛況となってまたブロードウエイのお芝居やミュージカルが見られるようになるでしょう。

皆さんがNYを訪れたり住んでいる間、様々なショービジネスをサポートしてください。それから、ブロードウエイに行ったらお芝居で配られる”プレイビル” – ビラや小冊子を手に取るのをお忘れなく。作品のストーリーや詳細を読みながら、英語の良い練習が出来るに違いありません。さあ、皆でNYをまた元気にしましょう!


コロナ禍の状況は、誰もが長期間に感じていると思います。かつて(と表してしまいますが)職場には普通に通勤し、仕事の帰りには同僚と混雑するバーに一杯飲みに立ち寄ったり、コメディーやコンサートを見に行ったりするのが普通の生活でした。が、私達のライフスタイルは余りにも急激に、そして大きく変化し、コロナパンデミック以前の生活が想像さえ出来なくなってしまいました。

2021年の夏が近づき、この1年以上感じていなかった気分を感じています。ワクチン接種を受けた人々が増え、ニューヨークのロックダウンはすっかり解除され、皆がいわゆる普通の生活に戻りつつある様に感じます。Nomalcyと言う言葉は人により使い方が異なりますが、個人的には友人に会ってハグし合い、職場では同僚に(オンラインではなく) 直接会い、そしてコロナを恐れる事なく自分らしいライフスタイルに戻れることが待ち遠しいのです。

2週間程前に2回目のワクチン接種を受けましたが、翌日帰宅中自分の中に Spirit- 生気を感じたのです。つまり、以前の様な普通の生活に戻れる事を考えていました。

バスに乗りながら長い間したかった事の数々、例えば、他州に住んでいる家族に会い、まだ会っていない新しい家族にも会ったり、ビーチに遊びに行ったりと、希望を抱きながら数え切れないほどしたい事リストにあげていたと言う訳です。

ワクチン接種から数日が経ちましたが、家事をしたり近所を散歩する時もマスクをつけています。さらに、友人に会う際にはワクチン接種をしたかどうか聞いたりと、まだ用心深く過ごしています。夏が近付くにつれ、より多くの人々が季節を楽しみにしています。それはまた、マスクを着けない人が増えたり、自分を保護する警戒心が薄れるのではないかとの予感もしています。自身の保護は個人が選択すると言う意味は充分理解出来ます。が、人口が集中している大都市ニューヨークでは、やはり安全第一に生活して欲しいと皆さんにお願いしたいのです。

1. Bring your mask マスクを持ち歩きましょう

This image has an empty alt attribute; its file name is AdobeStock_331470307-1024x683.jpeg

繰り返しお話ししていますが、ワクチンを2回接種した後も、安全優先としてマスクを着けています。昨年からは、ウイルスから自分を守る為と安全の為にどこへ行く時もマスクを持って歩く様になりました。自分の為だけでなく、周りの人の安全も気遣っています。ワクチンを打ったのだから、もうマスクを着ける気分じゃないなどとは言っていらないのですから。

2. Don’t Go Crazy   落ち着いて考えましょう

この1年以上、皆さんはクレジットカードをギリギリまで使ったり、バケーションを諦めたりして、我慢出来なくなっているかもしれません。よく考えてみて下さい。何度もお伝えしていますが、世の中にはワクチンについても様々な考えがあるのです。自分の命が大切であるように、心配ならば、また家族や友人など愛する人達の為にもマスクを着けましょう。

3. Respect Boundaries 人との境界線を守りましょう

とても残念な事ですが、コロナ禍は政治的な問題を引き起こし、さらにはアメリカの国内を分断さえしてしまいました。私達一人一人にとって、とても個人的な経験ともなったのです。

科学を信じてはいても、ウイルスやワクチンが体内で出遭った時、どの様に反応するかは誰にも分からないのです。中には、自分の身体に異物 (ワクチン)  を入れたがらない人もいるでしよう。当然ながら、その様な考えに対して批判するだけでなく、(話を聞かずに) 激高する人がいるのも事実です。

大切なことは、皆が安全に過ごすには何をするべきなのか、良く理解する必要があるでしょう。そして、これからの状況がどうなって行くのか、私達は皆一緒に時間をかけて身に付け学んで行かなければなりません、

Respect Each Other – お互いを尊敬しましょう。そして、互いの境界線を上手に引きましょう。きっと、私達が気が付かないうちに、コロナ禍は過去の出来事になっている事でしよう。

Category : コロナ対策

皆にとって本当に厳しい一年でしたね。特に、今年5月から初夏にかけての季節を待ちわびているのは私だけではないでしょう。このコラムを皆さんが読む頃には2回目のワクチン接種も済んでいて、喜びと安堵感に満ちていると思います。毎年この時期の大都市には楽しみが多いのですが、今年は友達に会いたいし旅行にも行きたくて、子供のようにワクワクしています。

それでは、世界で最も素敵な大都市に住みながら、リーディングやスピーキング、そしてリスニング力をシャープに上達できるアクティビティーをリストしてみましょう。

1. Central Park セントラルパーク

皆さんがご存じの大都市にあるセントラルパークはいかがでしょうか。

長期間室内(自宅)に籠っていたあと、木々の緑や新鮮な空気、そして美しい景色を友達と楽しめる最高の場所といえますね。もちろん、皆がワクチンを接種するまでは、離を保ち蜜を避けて安全を第一に。さあ、スナックやゲーム、そして音楽が聞けるツールを持参して出かけましょう。公園で出会える人達と話したり、友達と英語を助け合ったり、世界中で最もクールなセントラルパークで、シャープでフレッシュな英語力を磨いてみませんか。

2. Governors Island ガバナーズアイランド

マンハッタンからフェリーに乗って訪れることができる大都市の「隠れた宝石」と言われるガバナーズアイランドはいかがでしょうか。しばらく閉館していましたが、再オープンし、歴史の建造物もあり春の新鮮な空気を感じながらサイクリングを楽しめて、さらに健康的なトレイルハイキングもできる場所です。パンフレットをよく読んで歩けば英語の勉強にもなるというわけです。日焼け止めとマスクを着用することを忘れずに。

3. Cinco de Mayo, May5th 5月5日のシンコデマヨ

5月5日のシンコデマヨはメキシコの休日ですが、世界の国々でお祝いされています。

市内には多数のメキシコ料理のお店もあり、お祝いのスペシャルメニューもありますから、ヒスパニック系でなくても楽しめます。久しぶりに友達と集まってスペイン語のメニューを読めば、外国語の勉強にもなりますね。ただ、ニューヨークは外食は税やチップが高めなので、お店は選んで行きましょう。準備を万全にして、タコスやマルガリータを楽しんでくださいね。

ニューヨーカーにとって厳しい一年となり、今年の春はやり直しの機会のようで誰もが待ちわびていたに違いありません。ただし、皆がワクチン接種を受けたのではないので、屋外で過ごしたり人と接する際にはマスクを着用し抗菌ジェルを持参して安全を第一に考えましょう。たくさんの進歩があったように感じても、決して気を抜かないで過ごしていきましょう。


世界中がコロナパンデミックに見舞われた2020年は、自宅にこもって読書に明け暮れるだけでなく、波乱万丈な忘れがたい年になりました。私達は生活上の優先順位や友達とのお付き合いも変えなければなりませんでしたし、アメリカの大統領選挙は歴史上初めて暴動まで引き起こし、二分化された国内では衝突もありました。さらに、人種の平等と社会の正義を訴える行動も起こりました。それは社会のトラウマであり、今まで社会から除外、あるいは分断されていた有色人種にとって、表面上の痛みでありまた苦しみでもありました。

このような摩擦は目には見えない疑念が生じるため、暴力や感情的な言い争い、そして沈黙だけが残るのです。が、それはまた私達は互いに関わり合い、よく話し合い、将来に影響を及ぼすかについての判断をすることになると思うのです。

ニューヨークは世界中で人種や民族、宗教や社会階級(富裕層から貧民層)、物事の考え方が最も多様な大都市です。が、人によってはこの多様性とオープンマインドな社会がストレスに感じて、受け入れられないこともあるでしょう。そして今もどこかで衝突や抗議が起きているかもしれないと、自分の身の安全を案じてしまうのです。

一方で、今のこの状況は一時的なことであり、コロナ禍において世の中が進展と変化に適応しようとしていて、先行きが不透明、また不安で複雑な政治的社会を沈静化させようとしているのではないか、そのようにも感じています。多様で進歩的、そして常に世の中に注目されている大都市では、情報を集め安全に過ごして日々を送るべきだと感じています。

・Stay informed 情報に耳を傾けましょう

パンデミック禍においては、世の中のあらゆる最新の情報、政治や社会の正義関連の情報にに至るまで、常に耳を傾けましょう。コミュニティーのボランティアに参加すれば、ワクチンを受ける順番がなかなか来ない人達を助けたり、過激な考え方の人々を落ち着かせたりと役割は様々です。

・Pay attention to time 時間を考えて行動しましょう

夜型の生活には皆それぞれのルールがありますよね。私の場合、夜の11時を過ぎたら公共の交通機関は使わず、タクシーに乗ることにしています。コロナ禍になり外出する人が減少していても、街には何かを求めて犯罪者がいるに違いありません。また、世の中の不平等に怒りを向けている人もいます。安全を第一に考え、自宅にいるほうが健全と考えましょう。

・Keep talking one another 皆とつながっていましょう

繰り返しになりますが、今は何か起こるのか不明な世の中です。自宅にこもる生活が長期間になり、精神的にも肉体的にも不安定な人が多いのです。愛する人や友達、また多様な文化を持つ人達やコミュニティーともつながってみましょう。そして、あえて難しいと感じること、例えば人種や社会での平等について話し合ってみませんか。心の平静を保てる会話をしましょう。そうです、時間をかけて皆と話し合えば、より前進できるのですから。

2020年と2021年はニューヨークだけでなく、国全体が辛く厳しい年になっています。

世の中の物事をポジティブに考えて、未来のために自分に何ができるか考えてみましょう。

Category : コロナ対策

ウズウズして待っていた暖かい4月も半ばになりましたね。ニューヨークの冬の寒さは当に過ぎ、私を含めて屋外で過ごすことが増えました。少し冬の話になりますが、コロナ禍による厳しい規制や自宅にこもる生活が続いたため、今年は特に冬の厳しさが身に染みたのではないでしょうか。ホリデーシーズンは旅行の制限があった上、日が短いので4時にもなると暗くなるし、寒いのにわざわざ外に行く価値がないと感じて日々の散歩にも行かなくなってしまいました。ですから、今年の春はなおさら生き返る感じがしたのです!

そろそろ市には、思い切ってニューヨーカーをワクワクとドキドキさせて欲しいところではないでしょうか。もちろん、ワクチン接種の状況を見ながら安全性にも留意しながらということです。4月にニューヨークには楽しめる機会がたくさんあるので、暖かい陽を浴びながら英語力をシャープに保ちながら練習する方法をお伝えましょう!

1. Book a Helicopter Tour ヘリコプターツアーを予約しましょう

ニューヨークに住んでいるのに、自宅でリモートワークしていることに慣れてしまい、やりたいことリストの中にあって、実は未だに経験していないことがあります。近所を散歩している最中素晴らしい都市に住んでいる現実にふと返り、このヘリコプターツアーを予約したくなったのですね。歓声をあげるようなビッグアップルの素晴らしい景色を眺めながらツアーガイドの説明を聞けば、シャープな英語力を磨くことができるに違いありません。さあ、友達を誘ってクールな一日を過ごしてみてくださいね!

2. Hit the Chelsea Market food tour チェルシーマーケットもイチオシ

4月のニューヨークは天候も変わりがち。暖かくて心地良いと思えば、じめっとして寒くなったりします。April Showersとはことわざで「4月の雨は5月の花をもたらす」という意味ですが、雨降って地固まるー「ついていないことがあってもいずれ良い結果となる」という意味でもあるのをご存じでしょうか。

厳しい時間が続いてますが、チェルシーマーケットにもぜひ足を運んでみてください。一人でぶらぶらするのも、ツアーに参加していろいろなストーリーを知ったりお宝を探すのも良さそうです。食べ歩きをしながらカロリーを消費すれば、楽しい一日を過ごすことができるはず。ツアーガイドの英語説明を聞きながら、最高のスピーキングとリスニングの練習になるに違いありません。

3. Visit the High Line ハイライン(空中公園)にもぜひ行ってみて 

春の心地よい気候の下、誰もが太陽とビタミンDを浴びたくなりますよね。自分の経験では、4月の始めセントラルパークや他の人気ある公園はとても人気があり多数の人々が訪れます。蜜を避けるためにも、人の少ないハイライン(空中公園)はいかがでしょうか。素晴らしい景色とともに、トレイルウォーキングも楽しめるのでお勧めです!そして、友達と行くのなら、マスクを着けるのを忘れずに。春先のハイライン空中公園はとても美しいので、ベストスポットを忘れないように歩きながらメモを取りましょう。歩きやすい靴を履いて、ソーシャルディスタンスを保ち、そして出会う人達との会話を楽しんで英語の練習をしてくださいね。

繰り返しになりますが、4月-春は気候が良くなる季節。マスクを着けてソーシャルディスタンスを保ち、手や指の消毒も忘れずに行いましょう。明るい光が見えてくるのももう少し、でも気を抜かずにもうひと頑張りしましょう。ニューヨークにはいつも素敵な場所がたくさんありますが、コロナ禍はまだ続いています。ワクチン接種は受けられますが、規制や命令を守り、そして自分と愛する人達を守るために、安全を最優先に過ごしていきましょう。


先行きの見えない一年が過ぎようとしています。経済がダウンし失業者が増加、その上何万という人達が命を落とし、この辛い時期に社会的正義や政治の分断も目の当たりにして、未曽有の世の中とも言える一年になってしまいました。愛する人達をはじめ人生の最重要なイベントさえも、安全性を考慮する上でネットにて繋がざるを得なかったのです。

このような状況下でも、明るい兆しと自防が見えています。2020年は絶望感に支配されていたため、心の平静を保つことが最重要になりました。そして、国全体が汚名を晴らすべく、お互いが元気にしているか耳を傾けたり、実際に助け合ったりしているのです。更に、ニューヨーク市ではワクチン接種が始まり、まず免疫力が低い高齢者がコロナウイルスから守られるべく注射を打ち、先行きが垣間見れるようになってきました。注射をした人達は誇らしげに接種後にもらうカードや、腕に張られる絆創膏を見せ合ったりしています。ワクチン接種を受けることによってより多くの人々がコロナウイルスの感染から保護され、感染者の減少は私達が待ち望んでいた「希望」であるのです。

1. People are reconnecting with one another 人々は互いにより繋がっています

人が集まる際にはまだまだ安全性を重視する必要がありますが、以前程は厳しくないでしょう。別の州にいる家族や愛する人達を訪問する機会が増え、以前はネットの中だけで会えた友人達と再会して時間を取り戻せそうです。もちろん、安全を第一に!

2. Travel restrictions are lifting 旅行の制限が解除されてつつあります

今までの多数の禁止事項やルールが和らぎ、互いに訪問したり旅行といったことが出来つつあります。旅行業界は規制が解除されており、経済面が大幅に持ち直しています。つまり、私達が互いにより繋がれるという訳ですね。

3. Spring and Summer might feel a little normal 今年はちょっと普通の春と夏になりそう

コロナパンデミックがなければ、春のこの時期は希望とポジティブな気持ちで過ごせているはず。でも今年は、陽の光や心地よい天気がちょっと異なって感じましたね。春に外に出て散歩するのは意義深いはずが、今年の冬は今迄にない程暗く感じたのではないでしょうか。でも、今、春の温かい天候は希望を感じる上、パンデミック禍のピークは終わりに近づいたと感じることでしょう。

4. Hope for rebuilding and healing 再生と癒しを希望にして

暗いトンネルー最悪の時期は終りに近づき、明るい光が見えてきました。そう、私達の世界と命はより良い方向に向かっていると感じます。更に、旅行業界や外食産業を含めて、経済が再生と回復の方向に向かっています。ある意味不思議なことですが、コロナ禍という大変な時期を一緒に過ごしてきた私達は、以前よりも互いに少し優しく接することが出来るようになった気がするのです。そして、心のケアを大切にしながら、精神面の状態をより認識するようになるのではないでしょうか。

We can’t appreciate the rainbor without the rain.このフレーズをご存じでしょうか。「何か目的を成し遂げるには苦しまなければ良い結果は出ない」という意味なのですが、コロナ禍の困難をよく認識していなければお祝いはない、そう思いませんか。もちろん、私達は辛い時期を過ごし、また犠牲も払ってきました。以前のような普通の生活に戻るにはまだ時間がかかるように思えますが、より良い日を目指して前進しています。また、ワクチンの効かない変異型ウイルスの出現で、まだ安全性とソーシャルディスタンスに気を配る必要があるのは確かです。私達がするべき事は、今まで通りに気を付けながら常識的に過ごし、そして科学を信じること。

気分転換に公園を散歩をしましょう。愛する人達がどう過ごしているか聞いたり、田助のいる人には手を貸しましょう。そして、マスクを着けて衛生面に気を配り、しばらくの間は賢く出来ることをして行けば、このパンデミック禍に打ち勝つことが出来るのですから!

Category : コロナ対策

この一年間を振り返ってみましょう。そうです、コロナパンデミックによってすべてが変化してしまいました。普段の生活習慣をはじめ、人との関わり方、そして自分たちの思考までも変えなければならないという、気の遠くなるような経験をしてきたのです。おそらく、この先考えは直ちには変わらないでしょう。

コロナ禍において様々な事が起きましたが、自分自身について書き留めておきたいと思います。当初、自宅から出られない状態が徐々に耐えられなくなって来た事や、社会全体の動きその物より心配で不安であったこと。長期に渡り市の経済が悪化し失業者が増え続け、愛する人達を失ったり医療機関にまで影響が及ぶであろうと気を揉んでいたのです。そして、時間が経つにつれ、「自分」だけでなく「私達」として考えている自分に気が付きました。この一年間を振り返ってみて、自分の考えに耳を傾けることは辛く打ちのめされるようでした。が、現在進行中の事柄や、これから先皆一緒の経験は続いていくでしょう。

今回は、自分の考えを皆さんと分かち合いたいと思います。

1. Flexible Work Situation 仕事に対して柔軟な考えを持ちましょう

まず、コロナ禍において自分の仕事を失わず、交通機関を使う必要がなくコロナのリスクにさらされないで自宅で仕事を存分に続けられたことに、心から感謝したいと思います。仕事の質を下げることなく、自分が考える生活レベルを保つことが出来たのですから。ちょっとでも愚痴を言いそうになったら、自分が恵まれていると考えるようにしています。

2. Technology Saved Us ハイテクの時代に感謝しましょう

コロナ禍に陥り私達のリモートワークが成功しているのは、インターネットや豊富で便利なツールの種類といった現代のハイテクのおかげでしょう。そして、個人で直接会えなくても、愛する人達とパーティーも出来るビデオツールで繋がっていられるし、ホリデーシーズンには他州に住んでいる家族にスマホのツールを使って会話を楽しめるのですから。もちろん、直接一緒にいられないのも事実ですが、これもお互いの様子を確かめたり連絡を取り合う方法の一つとも考えられますよね。

そして、通販による配達便にも感謝し忘れてはいけません。デリバリーによって人との接触を最小限に出来る上、食料品や日用品、その日の食事まで玄関に届けてくれるのですから、こちらもパンデミック禍の今最高の「技術革新」と言えるでしょう!

3. We All Reassessed Together 自分達の生活スタイルを見直してみましょう

世界中の様々な出来事やイベント等に酷く影響してきたコロナパンデミック。僅かでも影響を感じなかった人は殆どいないのではないでしょうか。この辛さを皆一緒に経験し、互いの事情を考えどう乗り越えるのか一緒に考えてみるのも一つです。

同僚や友人の中には愛する人を亡くしたり、自分の仕事をしながら子供の*ホームスクールを行う親が増えました。また、ソシアルディスタンスにより人との付き合いを制限された為、心の病気にかかっている人も増加しています。このように私達の生活スタイルが変化したからこそ、何とか持ちこたえられるようにお互いを思いやって支え合い、そして感謝の気持ちを示す必要があるのです。

 *ホームスクール: 全米の全ての州、または市の教育基準を満たし許可があれば、親が自宅で学校と同じ勉強を教える事ができる制度

気持ちが塞ぎ込んだり文句を言いそうになると、自分の状況がいかに恵まれているか、そして健康状態に感謝をすることにしています。いつかきっと立ち直れる日が来ると信じ、皆が一つになって互いと向き合う必要があると考えています。

Category : コロナ対策

コロナパンデミックになり、外出時にはマスク着用が基本、ソシアルディスタンスを守って三密を避ける、そして自宅での過ごし方といったニューノーマルの生活スタイルに慣れてきた頃でしょう。もちろん、そういった事に合わせなければならない生活が、ノーマルに感じないないこともあります。でも、ニューヨークはいろいろな変化を経験しながらも、やはりビッグアップルのまま。コロナに感染した陽性の患者が多数のため、一部の人口が他の州に移住してしまいました。が、州内に留まっている人達は、日が経つにつれ気分が軽くなっているのも事実。そう、何があろうとも地元に留まっている生粋のニューヨーカーに囲まれている私自身も同様に感じている一人という訳なのです。以前と比べて劇的に観光客と人口が減少した分、ソシアルディスタンスが取りやすくなったので、人でごったがえしていたエリアによく出向いて過ごすようになりました。

しばらく練習から離れていて、英語力がさび付いてしまったなんて思わないで。こんな時こそ語学の勉強が捗るものです。コロナ禍以前の生活に戻るにはまだ時間が掛かりそうですが、ニューヨークに住みながら生活に取り入れられることをご紹介しましょう。

1. Empire State Buiding Visit エンパイアステートビルディングを訪れてみてはいかがでしょう?

ちょっとクレージーに思われそうですが、6年間もニューヨークに住んでいるのに、未だエンパイアステートビルディングの頂上に行ったことがない私。観光客にとても人気のあるスポットなので、あえて避けてきたなんて言い訳になってしまいますね。観光客が減少している今だからこそ、行って見るのはどうでしょう?こちらのスタッフは皆ソシアルディスタンスや入場者数を制限し、さらに市によるルールを遵守していますから、衛生面もばっちり。訪れる前には電話を入れて予約をして、一緒に行く仲間達の安全も考えて、検査の結果が陰性であることを表示できるようにしておきましょう。エンパイアステートビルディングに関する歴史を記した表記を読んだり、スタッフの説明に集中して聞いてみれば、とても効果的な英語の練習になること間違いなしです。

2. Statue of Liberty 自由の女神もお忘れなく

ビッグアップルに欠かせない場所といえば、自由の女神。驚くことなかれ、私を含めて未だに訪れたことがないニューヨーカーがたくさんいるのです。コロナ禍の現在、内部を巡るツアーは中止されていますが、ソシアルディスタンスや入場者制限、また衛生面も強化されているので、訪れるには良い機会と言えるでしょう。エンパイアステートビルディングと同様に、内部の説明表記やスタッフの説明をよく聞いてリスニングの練習をしながら、シャープ&アクティブに英語力を磨いてみてはいかがでしょうか。

3. 9/11 MemorialMuseum メモリアルミュージアムに鎮魂の祈りを込めて

ニューヨーカーだけでなく、世界中に大変な衝撃を与えた9月11日に命を落とした方達に鎮魂の祈りを込める、消して忘れてはいけない場所、それが国立9月11日記念館と博物館です。私も一度訪れたことがありますが、皆さんがここを訪れて説明を聞くと感情的になるかもしれません。何度か説明していますが、観光客が減少している今、三密が避けられ厳しい衛生基準を通して、高度な安全性を保っています。博物館内の説明等は、とても効果的な英語の勉強になるでしょう。

この一年間ほど、ニューヨーカーとして誇りと栄誉を感じることはありませんでした。皆さんが同じように感じられたら、観光客の少ない今、ぜひ今回お話しした場所に出向いてみてください。きっとニューヨークのとりこになるに違いありません!


私達は先行きが不透明な時代に生きています。毎週のように新たな問題や不安が生じ、それが常に変化しているので、安全を気にしながら英語を練習することが難しく感じているに違いありません。ニューヨーク市はコロナ禍に陥って以来市内のビジネスが中断あるいは停止し、悲劇と困難を呈しています。コロナパンデミックによるライフスタイルの変化が起きて以来約一年、ある意味慣れてしまったようにも感じます。が、このご時世どのような方法で英語の練習をしたり、シャープな英語力を保てるのか難しいと考えていませんか?

それでは、この難しい時期に英語力を付けられる画期的でクリエイティブなアイディアを、泉のように沸いてくる程お伝えしましょう!

1. Take advantage of you tube and other vide platforms 動画サイトやビデオ系サイトを活用しましょう

This image has an empty alt attribute; its file name is AdobeStock_273804041-1024x684.jpeg

一昔前とは異なり、現代のテクノロジーは驚く程の学習ツールがあり、そして皆と繋がれる。そんな時代に生きていることに感謝しましょう。自宅で過ごす時間が多く、学習ツールを使いたいあなた達には、多数のツールが使えるのをご存じですか?

例えば、皆さんもよくご存じの動画サイトは、最も優れた学習手段の一つ。英語の実用的な練習ができる動画の宝庫ですし、講師達が多数のビデオから実生活で活用できる学習方法を選んで生徒に指示したり、さらに学びながらシャープな英語を身につけられるアプリも多数使えるという訳です。自宅にいる間にこんな優れたツールを是夫使ってみてくださいね。

2. Practice your writing skills ライティングの練習をしましょう

英語力をフレッシュに保ちたいのなら、ライティングの練習が効果的なのをご存じですか?タイトルは特に決めないでひたすら思いついたことを書くフリーライティング、考えを日記のように書き留めたり、ポエム(詩)や短編所小説、或いは自作の脚本や創作エッセーなども良いでしょう。物語の様々な設定や複数のシナリオや長文を書くことによって、ライティングの練習になりますし、ちょっとレベルを上げたいのなら、自分の創作した英語文(エッセーなど)声に出して読んでみて、友人達から感想やアドバイスをもらうのも自分の英語が上達しているか判断できるでしょう。

3. Host a zoom party 皆でオンラインパーティーをしましょう

This image has an empty alt attribute; its file name is AdobeStock_381618088-1024x682.jpeg

フレッシュな英語力を保つには、とにかく話すこととよく言われます。ですから、友達と30分程オンラインで英語の練習してみませんか?英語で話しているとお互いの上達が分かるだけでなく、単語の意味や発音がよく分からない場合は助け合うことができるという訳です。そして、教えあったり褒めあうことも大事!このように友達と繋がっていられる方法もアリですね。

4. Keep up with music and movies 音楽や映画サイトは常に注目していましょう

皆さんが私のように(テレビの前に座りこんで)テレビドラマや映画をよく見るのでしたら、見たい番組のリストを作って必ず英語で見てみましょう。アメリカのTV番組の中で俳優達が話している英語は、普段人が話している一般的な英語なので、留学生にとって良い練習になるという訳です。また、最近は様々な音楽を簡単にダウンロードして聴く事が出来るしポッドキャストも多数入手できるので、人や地域によって異なる英語のアクセントや語彙の種類を聞いて慣れるのも、良いリスニングの練習になるでしょう。最新のオンラインテクノロジーを使えば、こんな風に楽しんで英語力を付けられて、正しくwin-winの学習方法になるに違いありません!

皆さんが私のように(テレビの前に座りこんで)テレビドラマや映画をよく見るのでしたら、見たい番組のリストを作って必ず英語で見てみましょう。アメリカのTV番組の中で俳優達が話している英語は、普段人が話している一般的な英語なので、留学生にとって良い練習になるという訳です。また、最近は様々な音楽を簡単にダウンロードして聴く事が出来るしポッドキャストも多数入手できるので、人や地域によって異なる英語のアクセントや語彙の種類を聞いて慣れるのも、良いリスニングの練習になるでしょう。最新のオンラインテクノロジーを使えば、こんな風に楽しんで英語力を付けられて、正しくwin-winの学習方法になるに違いありません!

Category : コロナ対策

2020年が精神的に厳しい年であった事は、皆さんもウンザリするほど耳にしているでしょう。そう、世界中の人々がコロナ禍という困難に陥ったのですから、当時を思い出すのが精神的に辛くなるに違いありません。個人的には、コロナにより友人を亡くすことはなく自宅でのリモートワークが出来ていること、そして安全で忍耐強いビッグアップルに住めることに感謝をしています。が、2021年になってもコロナ禍の厳しい状況は続いています。ワクチン接種は普及しておらず、政治は不安定でピリピリとした緊張感があり、コロナ禍による国内の分断は社会の変化からは程遠い状態です。

コロナパンデミックに陥ってからそろそろ1年、皆さんに自分の健康に留意する方法を幾つか強調してきました。家族から離れて暮らしていると、オンラインで顔を見られるだけなので辛いのです。気分の良い日もあれば、落ち込む日もあります。そこで、心が折れないように、自分で作り上げた何らかの練習をすることにしました。もちろん、お伝えする内容は皆さんと考えが異なるかと思いますが、試行錯誤しながら何か自分に合う方法を考えてみましょう。

1. Pay attemtion to your sleep habits  よく眠れていますか?

This image has an empty alt attribute; its file name is AdobeStock_375227614-1024x683.jpeg

私自身が夜型な上、日々のスケジュールに追われると良い睡眠を取っているとは言えません。コロナ禍になりリモートワークの今、2時間以上かけて職場に行く必要がなくなり、睡眠時間を十分取れるようになりました。このような生活では夜更かしが出来ますが、自分を訓練して早寝早起きの癖をつけています。世の中の心配事があっても私は自然に眠くなるタイプなので、早寝早起きの習慣は生活に良い結果をもたらしているようです。

2. Keep tabs on your thoughts 思いついたことを書き出してみましょう

This image has an empty alt attribute; its file name is AdobeStock_270964171-1024x683.jpeg

不安な気持ちになると世の中のすべてをネガティブに考えがちになり、はやり目が覚めてしまうことがあります。あまりにも不安感が強くなったときは、ノートを取り出して気持ちを書き出しています。ちょっとしたメモ書きの時もあれば、感じることを詳細に何ページも書くこともあります。書くことその物は問題の解決になるとは限りませんが、少なくとも何かを書くことによってちょっと気持ちがリラックスするという訳です。

3. Getting outside 外に出ましょう

殆ど外出せずにアパートに閉じこもっていたり、ベッドから出たくなくてもも別にいじゃない?と思う日があります。コロナ禍の今、こんな素敵なニューヨークに住んでいることが信じられなくなることがあります。どう仕様もなく気持ちが落ち込んだ日は、自分をプッシュして散歩に行かせます。新鮮な空気を吸うと、「そうだ、私は世界で一番素敵なビッグアップルに住んでいるんだわ!」と気分も変わります。そして気分が力強く回復、活性化して、仕事に戻ろうと思うのです。

4. Pay attention to your needs  何を求めているのか考えてみましょう

心の中は自分が一番理解しているものです。以前お話ししたように、私は週に一回オンラインによる心理カウンセリングを受けていますが、カウンセラーが私の心理状態をチェックしてくれる為、とても良いメンタルのトレーニングになっています。カウンセリングを受けることは個人により異なりますが、健康の維持や運動、読書、もしくは瞑想や美術を楽しむといった意味もあるかもしれません。あなたも是非自分に合う方法を見つけて、心の健康を保ってみてくださいね。

Category : コロナ対策