Menu

New York English Academyブログ New York Taste <ニューヨーク テイスト>

留学の注意点 その36:カナダからアメリカの入国は要注意 2015 年 11 月 30 日

「ステータスが学生ビザでなくビザなしになっているので転校できない」

今年8週間の学生ビザのフルタイムで受講された生徒さんがいらっしゃいます。プログラム終了後、カリフォルニアの学校への転校ご希望だったのですが、転校先のDSOから「ステータスがビザなしになっているため転校できない」と連絡がありました。ご本人に事情をお伺いしたところ、日本でビザを取得した後カナダのカルガリー経由でアメリカに入国されたそうです。

実はカナダにはアメリカのBorder Preclearanceがあり、カナダの中にアメリカの入国審査があります。

要するに日本にアメリカの入国審査場所があるようなものです。

Canada

ご 本人はカナダの出国審査と勘違いされたようで、I-20を出さずにパスポートだけ提出されました。以前にESTAの申請をしていたこともあり、アメリカにはESTAでの入国となってしまったようです。ご本人は「いつアメリカの入国審査があったか、わからない」とおっしゃっていました。

カリフォルニアの学校へ転校手続きを行ったときには、ESTAの合法滞在期間である90日も超えており、すでに違法滞在でした。転校先の学校のDSOはI-20をもってメキシコに行き、学生ビザで再入国するように伝えたようですが、ニューヨークの日本領事館のアドバイスは、すでに違法滞在レコードになっているため、メキシコからの再入国は却下される可能性が高いだろうとの見解でした。

当校ではこの場合の対応策として、アメリカを出国することなく学生ビザのステータスに戻る方法を本人にお知らせしています。
カナダのいくつかの空港はこのBorder Preclearanceがあります。

実はこのBorder Preclearanceはカナダだけでなく、Ireland, Caribbean、なぜかわかりませんがUnited Arab Emiratesにあります。
IrelandやUnited Arab Emiratesから入国予定の日本人学生さんはいらっしゃらないでしょうが、、、カナダ側からの入国の予定をされている生徒さんはご注意ください。

 

ニューヨーク留学なら:ニューヨークイングリッシュアカデミー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

感謝祭ー追記 2015 年 11 月 29 日

今年の感謝祭は26日木曜日。でもアメリカの代表的なこのNational holiday、金曜日もお休みの企業がほとんどです。中には23日月曜日から休みを取って1週間ズリっと休暇にする人も。

AdminスタッフのMichelleがそうです。月曜日から休みをとって大型連休。実際は21日土曜日から29日まで9日間のVacationです。(なんとうらやましい・・・)

ところで、その感謝祭。アメリカ人国民全員が、おきまりのシチメンチョウを食べるわけではなさそうです。「七面鳥、食べたの?」と聞くと「もちろん!」と答えるアメリカ人もいれば、「さっぱりしすぎてるからステーキとかハムのほうがいい」というアメリカ人もいました。

昨年もブログにしましたが、アメリカの大統領は、毎年「Turkey pardons」といって食卓に向かう何千万羽の七面鳥のうち、2匹を恩赦で助けます。
シチメンチョウ連合から毎年White houseに2羽が送られるのですが、それを恩赦ということで食べずに救う、ということのようです。
このラッキーな七面鳥はどれでもよいというわけでなく、ちゃんと体重や恰好、それなりに選び出され、勝ち抜いてきた七面鳥です。
今年バージニア行の切符を勝ち取ったのは今年は「Honest」と「Abe」。
食卓行を免れた彼らは、その余生をバージニアのファームで生涯なんの苦労もなく過ごせるわけですが、、、1年間この感謝祭のためにホルモン剤をうたれ、飛べなくなるまで太らされている彼らは、バージニア行を勝ち取ってもその体質から長生きができない、、、という話です。。。

さて、こことでふと疑問がわきました。
オバマ大統領は七面鳥を助けておきながら、でも感謝祭ディナーでやっぱり他の七面鳥を美味しいといって食べてるの??

七面鳥

どうでもよい疑問なんですが、、、。
昨年オバマ大統領は、「Terrible and delicious fate」と言っていました。また Obama said he genuinely considered eating one of the two birds delivered to the White House in 2009. ともありますので、ということは・・・
やっぱり食べてるんだと思います。しかも、The turkey federation actually provides dressed turkeys to president. (七面鳥連合は実際は料理された七面鳥を大統領に送っている)ということですので、、やっぱり食べてます。

従来は Turkey Federation(七面鳥連合)が感謝祭の日に2羽の七面鳥をホワイトハウスにプレゼント、という習わしでした。これは今も変わっていないのですが、ケネディ大統領がその七面鳥を「We’ll just let this one grow.”」と言って農場に返したことから、ニクソン大統領も動物園に送ったという話です。
実際に、七面鳥の恩赦が正式に大統領の行事になったのはGeorge H.W. Bush の1989年からのようです。
なのでまだ新しいTraditionなんですね。

さて、感謝祭も終わりニューヨークは本格的に冬に向かいます。今からクリスマスまでは、街はライトアップしてとてもきれいです。私が住んでいるアパートも1階にはもうクリスマスツリーが飾られていました。
ロックフェラーのツリーの点灯式ももうすぐです。

今から3週間はどこにいってもにぎやかで楽しい時ですね。

Chrismas tree2

↑ 去年のロックフェラーのツリー

 

ニューヨーク語学留学なら:ニューヨークイングリッシュアカデミー

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

今年のニューヨークは暖かい 2015 年 11 月 27 日

ニューヨークは今こんな感じです。日本の紅葉のほうが色合いが細やかできれいな気もします。
アメリカの紅葉は、どちらかというと大雑把にキレイ、という感じですが、晴れている日は大きな木が黄色や赤にそまって、それはそれでキレイです。

Autumn Downtown

さて、今日は感謝祭。今日から日曜日まで4連休です。今年のニューヨークは例年より暖かく感じています。
いつもならこんなに天気が良くて気温も高い感謝祭ではありません。本当にHappy Thanksgiving Dayになりました。

Thanksgiving

昨日は、学校でもThanksgiving lunchを行い、生徒もそれぞれ手料理を持ち寄ってトレーナーやDavidたちとLunch partyをしてPre-Thanksgivingを楽しんだようです。こちらのレポートはまたSchool Activityのブログでご紹介します。

今年も大統領によるTurkey Pardons、メイシーズのパレード、アメリカ民族大移動は例年通りでした。
七面鳥のブラックデーでもある感謝祭、何千万羽もの食卓行をまぬがれたラッキーな今年の七面鳥は、カリフォルニア育ちの2羽でした。

アメリカの何千万羽の七面鳥はこの日のために、プロテインを飲まされ太らされて飛べなくされて感謝祭を迎える運命です。
この代表的なNational Holidayに当然異議を唱えるのはPETA。Ethical Treatment of Animalsの人々です。
The turkey pardon is America’s most absurd holiday tradition と言って非難します。

これに反発するのは「シチメンチョウ連合」Turkey Federation。
””It’s always been about the presentation of the National Thanksgiving Turkey — symbolic of the blessings of agriculture we have in this country. It becomes a time for the president to recall with the nation our blessings and celebrate the beginning of the holiday season.””
感謝祭は代表的なアメリカの文化で、農業のシンボルだ!と反論。

これは、、、前のブログに書いたニューヨークの馬車の馬連合とNYCの市長、デ・ブラジオとの対立とそっくりですね。

馬には馬を守るちょっと笑える「法律」がありましたが、七面鳥には感謝祭がなくならない限り生き延びる道はなさそうです。。

七面鳥を食べても食べなくてもよい私としては、アメリカの七面鳥には生まれ変わりたくないなあと思ってしまいます。

 

ニューヨーク留学なら;ニューヨークアカデミー

にほんブログ村 海外生活ブログへ