Menu

New York English Academyブログ New York Taste <ニューヨーク テイスト>

留学の注意点 その27 : 渡航スケジュールとその後・・ 2014 年 8 月 29 日

さてさて、またI-20についてのインフォメーションです。

入学手続きが終了すると、当校よりI-20 FormがFedExでご指定の住所に送られます。この書類をもとにビザ面接の予約を行い、Fビザを大使館に申請するわけですがパッケージを受け取ったら、まずご自身の名前・誕生日・プログラム期間の記載に間違いがないか確認してください。

もしも間違いがあった場合、すぐに学校に連絡してください。(発送前にI-20 Form掲載内容に間違いがないかメールで事前に確認をしてからポストしますのでそのようなこともないと思いますが・・)

問題なくビザをとった後入国日程についての情報です。

■ いつから入国できる?

I-20のプログラム開始日30日前から入国できます。以下、I-20 Form 1枚目の項目 #5です。ここに申しこんだプログラム期間が記載してあります。

以下の例でいえば、8/25/2014の30日前から入国できます。

 

■ もしプログラム開始日前までに渡航ができなかったら?

もしもギリギリでビザ面接を設定している場合、もしくはなんらかの急な都合でプログラム開始日前に渡航ができない。そんな状況はときどきあります。

プログラム開始日後の入国は、入国審査でトラブルになる可能性があります。事前に入国できない場合は、必ず学校へお知らせください。プログラム開始日の期日を変更したI-20 Formをお送りします。

前のブログにも記載しましたが、、、渡航の際にはかならずパスポートとI-20はセットで手荷物に入れてくださいね。
6/16ブログ:パスポートはスーツケースに入れないで!

 

■ 入国できたら? プログラム開始日には必ず登校してください。

もしもプログラム開始日の数日前(前週)に入国できた場合、レベルテストが事前に受けられます。学校へご連絡ください。プログラムスタート日前にどのレベルからスタートするかメールでお知らせできます。

もしプログラム開始日の前日に入国される場合は、開始日の午後2時に学校にお越しください。

プログラム開始日には必ず学校に登校してください。学校はあなたの入国とプログラム開始をSEVPに報告する義務があります。もしも何の連絡もなくプログラム開始日に当校がない場合は、学校はあなたのStatusを”Now Show”(登校なし)としてキャンセルしなければなりません。

どうしてもプログラム開始日に登校できない場合は、必ず連絡してください。

 

■ プログラムが始まったらI-20のメンテナンスを怠らないように・・・

メンテナンスと言っても何かやらないといけないということではありません。次のことに注意してください。

1.最新のI-20を常に保持しておく
Vacationやコースの延長、その他何らかの理由で最終日が変更になった場合、学校はその生徒のI-20 Formを更新します。必ずTamilaもしくはMichelleから最新のI-20を受け取ってください。

2.滞在日数に注意
I-20 Form記載のプログラムの最終日(上記の例では9/19/2014)から60日間が合法滞在です。60日の間に出国するか、もしくは他校への転校手続きをとってください。
いずれのアクションを怠り、60日以上滞在した場合は違法滞在としてレコードが残ります。

————————–

I-20のメンテナンスや学校規定を守ることは生徒さん自身の責任です。
わからないことがあったら、そのままにしないでなんでも聞いてくださいね。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

Monthly Exam(毎月の学力テスト) 2014 年 8 月 28 日

他校から転校してきた生徒が、「テストは数か月に一回だった」「テストの点数だけ教えてもらった」とスタッフのMichelleやTamilaに話すそうです。

対して当校は毎月1回第3水曜日は、Monthly Exam(学力テスト)を実施します。一か月間で習ったところの復習テストです。単にI-20を維持したい生徒にとってはあまり好まれるシステムではないかもしれません。

しかしながら、アンケートをとるとまじめに英語の語学力を上げたいと思っている生徒には、このテストシステムは好評です。テストは筆記だけでなく、SpeakingやListeningも含まれます。

テスト実施の翌週には、Speaking(スピーキング), Listenning(リスニング)、Writing(ライティング), Reading(リーディング)の4つコンポーネントの点数がグラフ化されたTranscirpt(成績表)が配られます。

実はこのテストシステムを導入する際、数か月に一回にするか毎月行うか、学校内で何度も検討しました。たしかに学校としても数か月に一回のテストのほうが楽なのですが、それでは4週や8週など短期間の未受講の生徒は自分の語学力を測れないまま、プログラムを終了してしまいます。また毎月のテストを嫌がる生徒も出るかもしれません。

最終的に「生徒の語学力を向上する」ためには、毎月のテストで細かく生徒の理解度を確かめることが必要という判断になりました。

毎月一回、講師はFaculty Meeting(職員会議)に参加し、授業の進め方やカリキュラムの内容、その他生徒の出席状況など確認して、事前対策を行います。

Monthly Examを開始以来、生徒一人一人の語学力習得スピードや弱点克服の良いシステムとして現在では完全に定着しています。

真面目に勉強したいと思っている留学生には、他校にないテストシステムです。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

留学の注意点 その26:クレジットカードは必要? 2014 年 8 月 27 日

アメリカでの生活に欠かせないのはクレジットカード。アメリカ人はほとんどの買い物、数ドルでもクレジットカードで行います。ですから、クレジットカードが利用できないお店のほうが珍しいのです。「現金を持ち歩かない」習慣もありますが、もうひとつ、「クレジットヒストリーを作る」という意味合いもあります。

■ クレジットカードを持っている = 信頼できる人 とみなされる

アメリカではクレジットカードを持つ・使う というのは信頼の証です。「クレジットカードを持っている・使える枠がある」ということは毎月の返済能力がある、社会的に信頼できる とみなされます。逆に、クレジットカードを持っていないということは、「以前に支払履歴を怠った・毎月の収入がない」とみなされてしまうのです。

クレジットカードの支払履歴はアメリカではかなり重要です。不動産や車、その他のローンを組むときなど、審査の対象として扱われます。

留学生の皆さんが入学時に「残高証明書が必要」な理由は、「クレジットカードの提示」ができない。(就労できないためクレジットヒストリーはゼロ。クレジットカードを持っていない)そのため、このクレジット(信頼)をカバーする補足書類として参照されます。
留学中にアパートを借りたりする場合、クレジットカードの代わりに残高証明書を提示し、滞在中に収入がなくても十bンに生活していけるということを証明します。ただし、それだけでは信用として不足するので、契約時の敷金はクレジットカードを持つアメリカ人より高くなることもあります。

それほどアメリカではクレジットカードは相手の経済力をはかる大きな要因となっているのです。

■ クレジットヒストリーとクレジットスコア

クレジットヒストリー:支払履歴です。きちんと払っていればよい履歴ができます。

クレジットスコア;この信用度を数字に換算したものです。クレジットカードを持っている人はバックグラウンドでスコアがつけられています。返済が悪いとクレジットヒストリーもスコアも下がってしまうというわけです。

このスコアが悪いと大きな買い物をするとき非常に困るばかりか、新しいクレジットカードも作ることはできません。

■ クレジットヒストリーがないアメリカ人がクレジットカードを作るには

たとえばセキュアカードをまず申請します。これはクレジットカードの限度額を最初に払って、そのカードを使い、まずヒストリーを作るのです。そうしてきちんと返済する。そうするとヒストリーとスコアができ、1,2年後に普通のクレジットカード申請のお誘いが来ます。
銀行のデビットカードにVISAなどロゴが入ってますね。これはクレジットカードと間違う方もいますが、全く別物。どんなに使ってもクレジットヒストリーはつくれません。

■ 留学生はクレジットカードを作れる?

残念ながら答えはNo. 留学中は基本的に就労できない、またソーシャルセキュリティ番号がないため、現地の口座にいくら預金があっても基本的にクレジットカードは作れません。でも留学中、旅行に行ったりホテルを予約したりとクレジットカードは使う機会が多いです。

できるだけクレジットカードは渡航前にご準備ください。長期留学される方はデビットカードと合わせて使うとよいでしょう。

■ 詐欺のメールに注意して!

たとえばCitibankのロゴを入れ、いかにも銀行からの連絡といわんばかりのメールがきます。そのメールに、「ここにアクセスしてログイン情報を入れてください」など記載があります。

ログイン情報・パスワードを求められるメールには要注意!

「このページにアクセスして」というリンク先をマウスオーバーしてください。まったく訳が分からないリンク先アドレスがポップアップされたらそれは詐欺メールです。

もし入力して送信してしまったら銀行やクレジット会社に連絡してそのカードは一旦無効にしてもらって再発行手続きをとったほうが無難です。

と、偉そうに言う私も実は詐欺メールにひっかかってしまったことがあります・・。バタバタと忙しく仕事をしている最中、不注意でログイン情報を入れて送信してしまいました。送った後に、「あれっ?」と思ったけどもう遅い。

銀行に連絡してカードをストップしてもらった経緯があります・・。新しいカードを発行したりと面倒でした。

その後毎月十数ドル払って、カードに不正なアクセスがないかチェックしてもらうサービスを利用しています。そのサービスでは自分のクレジットスコアも確認することができます。

———————–

アメリカはカード社会、便利ですが詐欺も多いです。もしもカード類を紛失したり、万が一の時のために、カードの裏表をスキャンして保管しておく、もしくはカード情報を書き留めておくとよいですよ。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

強いアメリカと感じる瞬間 2014 年 8 月 26 日

テニスの4大大会 US Open(全米オープン)がニューヨークメドウズ・コロナ・パーク(ニューヨークメッツのスタジアム横)で始まります。

実はテニス観戦をする私は、ロジャーフェデラーの試合を見るのが大の楽しみ。日本にいるとテレビでしか見れない試合をUS Openで見ることができます。

日本人で頑張っている錦織圭選手がまだ100位あたりをウロウロしていたころ、3メーター先でプレーを拝見しました。今は世界ランク10位ですから間近で見ることもできなくなったかもしれませんが。杉山愛選手のプレーも間近で見れましたね。

 

■ ニューヨークは世界有数のスポーツ都市

実はこのニューヨーク、観光都市や世界の金融都市に負けず劣らずスポーツ都市です。スポーツファンにはたまらない都市かもしれません。
1年中、何かのスポーツで楽しむことができます。

春から秋はアメリカの十八番、野球。メジャーリーグのヤンキースやメッツがニューヨークで試合をしています。最近は日本からの選手も多いですね。上原投手や松井選手、イチロー選手など日本からのツアーも組まれているほどです。

野球が終りがけのころ、8月末から9月中旬までテニスの4大大会 USオープンが開催されます。また終わるころには、バスケットボール、アメフト、アイスホッケー、ゴルフ、ニューヨークシティマラソンなど年がら年中、スポーツ観戦で盛り上がれる都市です。またJFKから少し東へ行ったところにベルモント競馬場、アケダクト競馬場があり、競馬も人気があります。

アメフトの2月のスパーボウルの日は、アメリカ中が日本のお正月のような感じで午前中にみんな食べ物やビールを買い込み、始まるころにはみんなテレビにクギ付け、自宅やスポーツバーでの観戦をするのでStreetは誰も歩いていません。

2014年今年のアメフトのスーパーボウルはシアトルシーホークスとデンバーブロンコス。43-8の一方的な試合でシアトルがスーパーボウルを制しました。翌日、「試合どうだった?」と事務室でみんなと話していると「すこぶるつまらん試合だった」とDavid君は一言で切り捨て。

競馬はやりませんが、今年初めてインターネットを通じてやってみました。結果は惨敗。あえなく100ドルが水の泡。

■ 強いアメリカと感じる瞬間

アメリカはさすがエンターテイメントがずば抜けている国。試合が始まる前のお膳立てはそれだけでも見ごたえがあるたいしたものです。花火や派手なステージで有名歌手やオペラ歌手が国歌を歌い、大きなアメリカの国旗を掲げ、上空には戦闘機がアクロバット飛行をしてショーを盛り立てます。

でもどのスポーツの試合にしても、必ず国旗を掲げて国歌を歌うこと。日本では試合前に国旗を堂々と掲げて「旗のもとに集まる」という風習はありません。

試合前のエンターテイメントはさておき、国歌・国旗に敬服するというシーンは、「強いアメリカ」を感じさせる一瞬です。こういうところは日本は勝てないなあと感じてしまいます。

みなさんはどんなこところが、「強いアメリカ」と感じますか?

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

にほんブログ村 海外生活ブログへ

留学の注意点 その25:ハザードマップを確認しておきましょう 2014 年 8 月 24 日

ニューヨークもそろそろ秋が近くに来ているようです。朝は涼しくもう真夏のように暑いという感じもありません。

木々の葉も少し黄色がかってきました。ニューヨークの良い季節は本当に短いんです。テニスのUSオープンの決勝戦、9月中旬のころは夜は半袖ではもう寒いと感じる時期でしょう。ニューヨークの秋も10-15年前と比べると訪れが早い気がしますね。

■ ニューヨークの気候も少し変わってきました。

日本のニュースを見ると広島の土砂災害が本当にひどいようです。行方不明・死亡された方が100名近くとか。東京はまだ35度近くの猛暑、九州では8月に入って太陽を見る日が少なく毎日雨ばかり。
西海岸カリフォルニアで今日マグニチュード6.0の地震が起きています。南太平洋に浮かぶ珊瑚礁の島、ツバルは数十年後には海に沈む国としてニュージーランドが島の人々を移住させるプロジェクトを進行しているとか。

ニューヨークでも、10-15年前はあまり聞かなかったトルネード(竜巻)の予報があったり、雨が降り出すとバケツをひっくり返したような雨でしかも雷がすごかったり。

地震はないと思い込んでいたニューヨークも1年半前くらいだったでしょうか、地震がありました。ビル全体が揺れて、生徒たちも大騒ぎでビルの外に急いで出たとか。でもその中でも一番落ち着いていたのは日本人だったようです。

■ ニューヨークのハザードマップを確認してください

留学中何もないことに越したことはないのですが、いつひどい天候にあうかわかりません。

お住まいの場所が災害時の危険区域に指定されていないか、念のため確認しておきましょう。

NYC Hazard Map

川沿いにお住まいの方はほとんど危険区域(水害)に指定されています。ハリケーンが近づいてきて市長のアナウンスがでたら、危険に備えて以下に注意してください。

1.ペットボトルなどの水を少し買いだめしておく
2.非常食を少し買いだめしておく
3.ロウソク・懐中電灯など用意しておく
4.むやみやたらと外に出ない

このような時は学校は休校です。生徒用のWebsite・Facebookで確認してください。

また当然出席率に影響はありません。学校によるメールのお知らせ・ニュースをしっかり確認してくださいね。

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ニューヨークの屋台 Food Street Vendors 2014 年 8 月 23 日

いわゆるニューヨークのB級グルメ、ニューヨークの屋台です。Food street vendorと呼ばれます。Streetのあらゆるところにカートでちょっとした食事を出しています。

朝はパンにコーヒーの屋台、昼になるとホットドックやHALAL FOODの屋台。HALAL FOODとはイスラム教で許されている食事、いわゆる豚肉以外の食べ物です。ライスの上にチキンやレタスをどっさりのせて、白いソース(サワークリーム)とスパイシーソースがかかっています。

ちょっとしたお昼には値段も手ごろ。日本からの留学生で、「やみつきになって毎日食べてました」と言ってた男の子もいました。

53丁目と6Aveにある屋台は有名で、いつも長い行列ができているとか。

ニューヨークにあちこちにあるこの屋台、ニューヨークの一つの目玉になっています。

■ 安全な屋台ばかりではありません。ご注意!

ニューヨーカーや観光客にとっては、ちょっとしたお昼とニューヨークのB級グルメを楽しめる屋台(Street vendor)ですが、経営しているベンダーオーナーたちは結構四苦八苦しているようです。

公共スペースで食事を販売するのですから当然ニューヨーク市からのライセンスは必要。2013-2014年にかけて、ニューヨーク市がこのFood Street Vendor(屋台)に切った違反チケットは10.8million. そのうち3.5 millionしか回収できていないようです。

どのような行為で違反チケットを切られているかというと、「ライセンスがないカートを使っている」「ライセンス自体を持っていない」「衛生上の問題―汚れた手で食品を扱う、生焼けのまま売っている」など。
違反チケットを無視して、あらゆる手を使って違法営業をしている屋台も多いといいます。

ニューヨーク市は580,000ドルを投じてこれら違反屋台(Scolflawといいます)を取り締まり違反切符を渡していますが、相手はほとんどが中東などからの移民の人々。生活が苦しく、違反切符を払う余裕もないのが現状のようです。

———————

ニューヨークの一つの目玉、B級グルメを楽しんでいただきたいところですが、どこでも大丈夫!というわけではないようです。

留学生の皆さんには、できるだけ人が並んでいる屋台を選んで楽しんでいただきたいですね。

ちなみに私は生ジュースを売っている屋台(Food street vendor)で、マンゴーパイナップルジュースをよく飲みます。夏の暑い時は、、、絶品です!

マンゴーパイナップルジュースの写真はまた次回に・・。是非試してみてください!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

留学の注意点 その24:わからないことにYesと言ってはいけません 2014 年 8 月 22 日

プログラムをスタートする前にレベルテストを受けて学校スタッフがそのスコアにあわせてレベル決定をします。
日本の留学生は、「読み」「書き」は他の国の生徒に比べて強いのですが、スピーキングが弱い傾向にあるようです。筆記テストをベースにすると上のほうのクラスに入るのですが、実際そのクラスに入ると「しゃべり」と「聞き取り」がついていかない。
それで次の週から1段階レベルを下げてクラス変更になる生徒も少なくありません。

でもこれは、日本の英語教育から考えると仕方がないことだと思います。

そこで、日本からの留学生に気をつけていただきたいことです。

■ 質問されてわからないことにYesや曖昧な返事はしないこと

語学力を上げるための「絶対条件」です。クラスで相手やトレーナーががきいている質問の内容が分からなかったら「Would you tell me one more time?」とか「Perdon me?」などできちんとわかるまで聞きましょう。

内容がわからないのに「Yes」と言ってはいけません。

ずっと前にこんな話を留学生から聞きました。郵便局に行って手紙を出したそうです。郵便局のスタッフは最後に必ず「Do you need anything else? 」と聞きます。
内容が分からないまま「Yes」と言ってしまったその日本からの留学生、40ドルの切手を買わされたといってきました。

事情を聴くと「なんて聞かれているかよくわからなかった・・」と。買わされた切手を見るとグルグル巻きの切手100枚。おそらく郵便局のスタッフは「Do you need a coil?」と聞いたのでしょう。

Coilというのは訳すと「グルグルに巻いたもの」。こちらではCoil(コイル)といえば、Fastclassの切手100枚をグルグルにまいたものを指します。

その時どうせ切手が必要だったので、40ドルで買ってあげましたが・・・わからなかったら「What is a coil?」と聞き返すことが大事です。

 

 

■ 英語でのディスカッションになると日本の留学生は黙ってしまう

トレーナー達が口をそろえていうのは、「日本からの学生は間違った英語を話すといけない」と思っている完璧主義が多い、と言います。他の国の学生は間違っていようが、当たっていようが平気でしゃべるけど日本の学生は、「間違ったら恥ずかしい」と思っている学生が多いらしいです。

先日、東京の大学で4か月英語を教えていたマイケルも「筆記テストはいいんだけどしゃべる時間になるとみんなだまっちゃう・・」と同じようなことを話していました。

なんとなく想像がつく気はするのですが、、、。

—————–

英語を話す力をあげる一つの方法、ご存知ですか?

他の人が使うフレーズを真似するんです。なんども使ってそのうち自分の言葉にしてしまう。

結構、有効打ですよ。トライしてみてください。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

9月30日までキャンペーンやってます! 2014 年 8 月 21 日

今日はキャンペーンのお知らせです。

 

11月のウォール街への移転まで現在キャンペーン中です!

海外からのお申し込みの場合

スタート日に関係なく9月末までのお申し込みの場合、現在の$500/monthの価格を適用します。グレードアップした学校設備と新しいサービスを現在の価格で利用できます!

■ アメリカ国内での転校の場合

同じく$500/monthの価格で、しかもI-20 申請料金は9月末まで無料!

 

———————————————

現在、このキャンペーンを利用して入学者が増えています!

この機会を是非ご利用ください。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

日本の文房具 2014 年 8 月 20 日

今日のブログは「日本の文房具」についてです。

日本の文房具は質が高いので、アメリカ人へのお土産の一つに良いと聞いたことがあります。

先日Davidが、「ファイルがなくなったんだけど発注してくれない?」というので、「いいよ、Webの製品番号後で教えて。オフィスデポに発注するから」と答えました。

製品番号をもらって、発注しようと検索するのですがその商品が何度検索してもないのです。

「David, Are you sure this number is correct? (この番号あってるの?)」と聞くと「Yes, pretty sure。(あってるよ)」というのです。

おかしいなあ、、と思ってどこの会社の番号?と聞きました。そしたら「ASKUL A4-S」って書いてあるよ、と・・・

ASKUL???どこかで聞いたような・・・ それって日本のアスクルじゃないの?!?

どんなに探してもないはずです!

「これは日本のファイルだからアメリカから発注はムリ」というとDavidは「Oh…」とすこぶる不満のようでした。日本の文房具は質が良いので使いやすいそうです。

 

どうしても日本の文房具にこだわるDavid君、「日本で説明会があるよね、日本に行ったら買ってきてくれない」

「いいよ、買ってくるからリストにしてメールして」というと、送ってきたメールには日本の文房具のリストがズラリ。

Michelleのお気に入りはメモロールテープ。こんなのが中々アメリカにはないんです。

どうやら説明会が終わってニューヨークに戻るときの私のスーツケースは日本の文房具品でいっぱいになりそうです。

たしかに日本の文房具は質が良く、使いやすいです。ホストファミリーへのちょっとしたお土産には良いかもしれませんね。

 

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

留学の注意点 その23:ステータスチェンジ 2014 年 8 月 18 日

■ B・Jビザからの学生ビザへの変更

Bビザ(観光・商用)やJビザ(交換留学)で渡航してきている方は、Fビザ(学生ビザ)にアメリカに滞在しながらステータスを変更することができます。

ESTA(ビザなし渡航)でアメリカに入国している方は、アメリカに滞在しながら学生ビザを申請することはできません。I-20を学校から発行してもらい、一旦自分の国に帰って学生ビザを申請することになります。

BビザやJビザからのステータスチェンジを行う日本人の方は多くありませんが、南米・ヨーロッパのESTAが使えない国の方はよくステータスチェンジを行いますね。

必要書類をそろえてUSCISに提出しますが、Bビザ・JビザからFビザに変更する際の絶対条件は、「そのステータス(BもしくはJ)が有効期間中に申請を行う」ことです。

十分な書類がそろっていないとキックバックをされて追加書類の提出が必要です。以下のことに注意して書類をそろえてください。

1.なぜ学生ビザへのチェンジが必要なのか、きちんとした理由を明記すること

2.申請は現在のビザの有効期間中に行うこと

3.十分な資金を用意すること

3の十分な資金は、絶対条件です。ギリギリの資金だとほとんどのケースでキックバックをもらいます。

Jビザの場合は許可が下りる前からプログラムを受講できますが、Bビザの場合は許可が下りないとプログラムは開始できません。

■ FビザからMビザへの変更

学生ビザにはFとMがあります。一般的な留学はFビザ。コンピューターなどの専門知識を勉強する場合はMビザになります。Mビザは専門知識を勉強するため英語は問題ないというスタンスです。一旦、FビザからMビザに変更すると、Fビザには戻れません。

申請する前に学校スタッフに相談してください。

■ FビザからH1ビザへの変更

H1ビザは就労ビザです。就労ビザをサポートしてくれる会社を見つけることができれば、その会社がスポンサーとなってH1ビザを移民局に申請できます。H1ビザはアメリカが外国人に就労許可を出すもので、逆に言えばアメリカ人の雇用を減らすものです。基本的には、アメリカ人がその職に就けない特別な技術を持っている外国人にH1ビザの許可を下ろします。
たとえば「寿司職人」などが良い例です。
このH1ビザを取得するには、弁護士を使ったり、会社が払う金額を申請者が立て替えて払ったりと、高額になります。少なくともプロセスに1年近くかかります。弁護士によく相談して行ってください。

ちなみにH1ビザの期限は7年です。永久に更新できるというものではありません。7年以内にグリーンカードの申請を行うか、国に帰るかどちらかの選択が必要です。

———————————-

アメリカ市民でない限り、留学生を含めてアメリカで暮らす外国人にとって「ステータス」は非常に重要です。ステータスが切れてしまうと、違法滞在になり強制送還にもなりえます。

Fビザの学生の皆さんは、最新のI-20を学校からもらっていること、I-20の期限が切れていないことを必ず確かめてください。

 

ニューヨーク留学 語学学校 PC TECH

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

マイケル君が感じた日本 2014 年 8 月 17 日

今年4月から4ヶ月間、日本の大学で英語を教えていたMichael(マイケル)が帰ってきました。

先週からレベル5のクラスで教えています。久しぶりに会うと、なんだかちょっとふっくらしている感じ。

「Wow Michael, long time no see. Welcome back! How was Japan? (あれ、マイケル。お帰り、日本はどうだった?)」と聞くと、ちょっと覚えた日本語をぎこちなくしゃべり始めました。「日本は、すごく良かったです。きれいなところ。日本の学生真面目」
4か月程度の滞在でちょっとしゃべれるようになるのか、、と感心していたところ、よほど印象が良かったようで、色々話し始めました。

■ 電車が時間通りに来る

最初に驚いたことは、「電車が時間通りにちゃんと来る」ということだったようです。日本は時刻表があり1分違えず電車が来ますが、ニューヨークはそもそも時刻表というのがありません。次の電車・地下鉄を延々と黙って待つのです。
しかも、その電車が最終駅まで行き着くことなく、途中で「次の駅でこの電車は終わりです」といったようなアナウンスがいきなり流れると、乗客はどうしようもなく次の駅で降ろされます。
ニューヨークでは日常茶飯事の出来事なので驚くこともありませんが、マイケル君にとっては電車が時間通りに来るというのは衝撃だったようです。

■ トイレが街中にある

「デパートに入るとトイレが各階にあってすごくきれいなんだ」「トイレを見つけるのに走り回らなくてよかった」とこれも目を丸くして話してました。ニューヨークではトイレはどこにでもありません。これは犯罪防止のため、市がトイレをどこにでも設置していないのです。
またニューヨークではレストルームはカギがないと入れなかったり、ホテルのトイレはスタッフが座っていたりします。

■ 日本食が美味だったそうです

「日本食が美味しかった」とこれもご満足のようでした。「なにが美味しかったの」と聞くと、答えは「ヤキソバ」。マイケル君はヤキソバを非常に気に入ったようで、ニューヨークに戻ってからも自分でヤキソバを作ったそうです。「でも自分で作るヤキソバはまずいんだ」と言っていました。
どうやって作ったのかレシピを聞いてみると、野菜と豚肉をフライパンで焼いて麺をいれて・・・とそこまでは良いのですが、ソースがオイスターソース。「オイスターソースじゃなくてヤキソバソースよ」というと、ヤキソバソースを日本食マーケットで買ってきて!と懇願され、仕方なくその日の帰りはマイケルのためにヤキソバソースを買いに行く羽目に・・。

マイケルにとって小さなものを買っても丁寧に袋に入れて渡してくれる日本の風習はとても印象が良かったようです。
学校の受付や応対も、今以上に丁寧な対応を心掛けたいと思います。

 

ニューヨーク留学 語学学校 PC TECH

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

留学の注意点 その22:食事どうする?  2014 年 8 月 14 日

留学したてのころは物珍しい環境で食事もなんでもOKかもしれないのですが、長く滞在すると「食事が合わない」と困る方もいらっしゃるようです。

やはり、料理の脂っこさと量の多さがネックです。

日本食レストランといっても現地のアメリカ人の口に合うように味付けがしてあります。またほとんどの日本食レストランは、オーナーが日本人でなく韓国人や中国人の方々です。

お寿司のRollを頼んでもRollの上に天かすがしっかりふりかかっていたり、味付けはしっかりしすぎていたり・・
お昼のバーガーは量も多くて、脂っこい。

最初の一口は美味しいのですが、だんだん「食事が合わない」と感じる方もいらっしゃるようです。
またアメリカの野菜は日本の野菜に比べて硬いので、生野菜は結構お腹が張った感じがして胃薬に手を出す方もいらっしゃると聞きます。

 

■ できるだけ自炊をしましょう

長期の留学をされる方はできるだけ自炊ができる滞在先を見つけられることをお勧めします。
大都市でない他州は日本の食材を手に入れることはなかなか難しいでしょうが、ニューヨークはありがたいことにある程度の日本の食材が簡単に手に入ります。

マンハッタンの中にも数件日本食マーケットがあり、ニュージャージーには大きな「ミツワ」という日本食マーケットがあります。

たまの外食はよいですが、脂っこい料理が苦手な方、胃腸が少し弱い方は「自炊」です。また自炊は留学にかかる費用をずいぶんセーブしてくれます

自炊中心で生活すると、1か月の食費は一人で400-500ドルでおおよそ足ります。(個人の状況にもよりますが)

 

■ 当校は滞在先サポートを日本語で対応しています

学校が契約している滞在先のサポートをするAgentは日系で担当の方も日本人です。
日本語ですべてホストファミリーや寮の情報をお知らせします。

———————————————————

食事をどうするか、実際に海外で生活するわけですから、実はすごく大事なポイントです。
毎日の食事があわないと体調を崩すもとになり、せっかくの留学が台無しになってしまいます。

自炊中心をお勧めはするのですが、でも、ニューヨークは世界各国の料理が楽しめる場所です。

外食も楽しみ、各国の分化を勉強できるように自己の体調管理をしていただきたいですね。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ACCETの認定校になりました 2014 年 8 月 12 日

2010年にオバマ大統領がサインしたFビザを発行する教育機関への法律―
2013年12月13日までに、政府が認定する団体からの認定をとらない場合は、学生ビザ申請に必要なI-20の発行権限がなくなる、というものです。

この法律はイギリスが先に始めた法律で、根本はテロ対策。911の同時多発テロはこのFビザの学生から始まりました。アメリカも当時規制が緩かった学生ビザについて、規制を始めたのが2010年でした。

PC TECHもACCETという政府の認可団体(Accreditating Council For Continuing Education & Training)に申請しました。

審査基準は厳しく、カリキュラムやテキスト、教え方、などだけではなく、学校全体の運営、生徒へのフィードバック、学校のシステム、職員の管理など項目別に分けられ細かい部分まで査察でチェックされます。

8月12日に正式な合格通知が送られてきました。今後も問題なく学生ビザに必要なI-20を発行することができます。

この認定を最後とすることなく、さらに質が高い授業やサービスを提供していきます。

 

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

グランドセントラル駅 まか不思議 2014 年 8 月 12 日

学校のビルから直結のグランドセントラル駅は1日20万人近くのニューヨーカーと観光客で、マンハッタンの一つのハブ駅です。このグランドセントラル駅のオイスターバーは、ニューヨークの一つの観光場所レストランとして旅行案内にも載っています。

この場所でちょっと不思議な光景を目にします。人が壁に向かってひそひそ、、、耳を壁にひっつけています。

このスポットは、知る人ぞ知る、対角線上にいる離れた人と話ができるニューヨークのマカフシギな場所なのです。

どんなに小さな声でも壁に向かってつぶやくと対角線上にいる相手に聞こえます。

■ ヒミツは天井!

このスポットの天井はアーチ形にデザインされており、また位置が半地下になっています。この構造が、壁でささやいた声が低いアーチの天井を伝わり、反対の場所の相手まで届くということのようです。


(写真が暗くてすいません)

実は私もつい最近知りました。そんなマカフシギスポットより、オイスターバーの食事のほうが興味があったようで・・・。

この手の建築デザインは中世イスラム建築によくみられるそうです。音響効果を利用した部屋が多いとのこと。スペインのアルハンブラ宮殿が有名だそうです。

今日はちょっとしたニューヨーク情報でした。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ビジョンゼロの行方 2014 年 8 月 11 日

6月27日のブログで、「信号機がない道路を横断すると、警察に切符を切られて150ドルの罰金を科せられる」J aywalkを取り上げました。
ビル・デ・ブラジオ市長のビジョンゼロの政策。

市民が交通事故で亡くなる件数をこの10年で激減させようとしている取り組みです。

実はニューヨークは殺人犯罪の件数は2012年から21%、2011年からは35%もの減少で効果を挙げているにもかかわらず、車の死亡事故は5-15%上昇しているのです。さらに言えば、自動車の運転手の死亡率よりも歩行者の死亡率が高い。
ニューヨーク市では歩行者の死亡率が52%になっていますが、アメリカ全土の平均は13%。

ニューヨークは地下鉄やバスなどの交通機関が他市より発達しているため徒歩が多いのは事実ですが、それでもパーセントが高いのは事実。

歩行者の死亡事故を減らすため、Jaywalkを取り締まり、まずは歩行者にペナルティを課します。横断歩道がない道路を渡っただけで150ドルの罰金はイタイですよね。

そういえばこの類のニュースで必ず使われる「歩行者」の単語、以前ご紹介しましたが覚えてますか?
歩行者=Pedestrian(Pez)です。

■ 先日、運転手のほうへのペナルティの法案が可決されました

さて、今度は歩行者だけではなく、ドライバーへの取り締まり。
今後市内を走る車のスピードは25-30マイルになりました。歩行者の賛同に対して、ドライバーは今以上の渋滞になると猛反対。トラフィックオフィサーがストリードでスピード違反を取り締まるだけではなく、信号機や道路わきに装置をつけスピードが出ている車は記録される仕組みです。

このブラジオ市長のビジョンゼロ政策はもとはスウェーデンの政策をモデルにしたもの。10年間で50%の交通事故削減に成功しています。
事故件数を減らすのではなく、事故による損傷を減らすように交通システム構築するという逆からの発想です。それがひいては、交通事故自体の現象を引き起こすというもの。

日本ではなかなか逆の発想はないですね。

このニューヨークの市政はCity Hall(下 写真)で行われます。今度の新天地、学校から歩いてすぐの場所です。

ニューヨークのCity Hall、たくさんの近代的なビルの中にお城のようにそびえたっています。学校が終わった帰り、ちょっと散歩をしてみてください。とてもきれいなところです。天気がよい日は気持ちのよい散歩ができます。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ