Menu

New York English Academyブログ New York Taste <ニューヨーク テイスト>

留学の注意点 その28 : 転校手続き 2014 年 9 月 28 日

今回は、転校手続きについての注意点です。

皆さんのI-20には、プログラムの最終日の日程が記載されています。もし、当校のプログラムを続けて受講される場合は、(延長される場合)、「プログラム終了日までに学校に申し出る」必要があります。

なぜなら、皆さんのI-20を延長しないといけないからです。延長される際には以下の手続きをTamilaもしくはMichelleと行ってください。

1.延長希望週の入学申込書に記入する

2.最新の銀行残高証明書を提出する

学校は皆さんのI-20の延長手続きを行い、新しい最終日が入ったI-20を発行します。

■ もし延長しなかったら

プログラム終了日までに延長しなかった場合、学校は皆さんのI-20を延長することはできません。なぜなら皆さんのSEVISのレコード上から延長できるボタンが消えてしまうからです。

その場合、グレースピリオド機関の60日以内に、他校に転校するか、帰国するかどちらかしかオプションはありません。

最近、グレースピリオド内に転校手続きもしなかった生徒のトラブル

先日9月18日に、7月中旬まで受講していた生徒が二人、転校手続きの書類(Acceptance letterとTransfer out Form)を学校に持ってきました。ですが、、、よく日にちを見ると彼らの当校での最終日は7月18日。
60日以内ということで、7月18日→9月18日と思ったのでしょう。
ですが、8月は30日ではなく31日の日数があります。9月18日に書類を持ってきても、すでに60日以上グレースピリオドを超えているのです。

60日のグレースピリオドを超えると、留学のステータスは自動的に”Complete”(終了)と変更になり、学校ではもうどうすることもできません。

またプログラム最終日から60日以内にアメリカ国外にも出ていなければ、転校手続きもしていない、、、これはもう違法滞在になってしまっています。

この生徒二人は、どうしたらよいかとMichelleに何度も電話をしてきました。
Michelleも困り果てていましたが、もうSEVIS上の彼らのレコードは学校側で操作することはできません。
後は、生徒自身が自分でステータスの復旧を移民局に行うしか方法はないのです。

——–

PC TECHでは皆さんのプログラム終了日にアンケートを実施しています。もし延長をしないと決めた場合、できるだけプログラム終了日に転校手続きの書類をご提出ください。

プログラム終了日に、皆さんのレコードを次の学校へトランスファーします。

何事も、早めに手続きは行うほうがステータスを失わずにすみます。

ご注意ください!

ニューヨーク語学留学: 英語学校 PC TECH

にほんブログ村 海外生活ブログへ

Elective Pilot Programがスタートします! 2014 年 9 月 24 日

ここ半年生徒からのアンケート調査や個別の面談を基に、当校は特にカリキュラムのDevelopment(開発向上)に取り組んできました。

生徒からのリクエスト・毎週のFaculty meeting(職員会議)を基に、「Spearkingの宿題」や「Essayの添削・フィードバック」、School Activityの充実など行ってきましたが、10月からはElectiveクラスをプログラムに取り入れることになりました。

1週間の授業スケジュールのうち、生徒は自分が強化したいFieldの授業を自由に受講することができます。たとえばビジネス英語、発音練習、アメリカンスラングやイディオムといった個別のクラスです。

また映画を見て英語の聞き取り(リスニング力)を練習した後や、ニューヨークのホットトピックの記事をもとに読む力(リーディング力)を練習した後に、英語で意見を交わしあうディスカッションのWorkshopクラスの提供も始めます。

Elective クラスを受講するには事前にSign upが必要です。各クラスどのElectiveクラスを受講したいか、シートを回覧しますので、受講したいクラスにサインしてください。

今後も新しいプログラムやElective classを取り入れていく予定です。当校ディレクターのDavid君、現在カリキュラム開発と課外授業(School Activity)の充実に燃えています!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ニューヨーク市医療費削減の涙ぐましい取り組み 2014 年 9 月 15 日

11月2日に行われる世界最大級のマラソン「ニューヨークシティマラソン」。ニューヨークシティマラソンが26.2マイルに対して今日日曜日に行われたセントラルパークマラソンは18マイル。ニューヨークシティマラソンの準備マラソンとしてたくさんのランナーが参加します。

3人に1人は肥満とレコードがでているアメリカ。ニューヨーク市は70万人が糖尿病の治療を受けていると言います。
ニューヨーク市は、その肥満率を解消しようと学校の給食を工夫したり、砂糖入りのジュースの販売を禁止しようとしたり、あらゆる手立てを考えますが「食べるものを政府が法律で規制することはおかしい!」となかなか市民の同意も得られません。
前市長、ブルーンバーグ氏の「特大サイズのソーダ禁止の条例」が最終的に裁判で無効になったにもかかわらず、それでもなんとか肥満率を下げようと、市は法律が可決されようとされまいと涙ぐましい努力です。

ニューヨーク市の取り組みは
1. レストランなど飲食店でのトランス脂肪酸の使用の禁止
2.飲食店のカロリー表示の義務化
3. ファーストフード等などでのおもちゃのオマケ禁止
4. 学校の給食改善(低脂肪食やサラダ中心の給食)

しかも肥満税(Obesity Tax)の検討まで行う有様です。

でも最近の調査報告では、それでも市民の肥満率は低下していないとのこと。
それどころか、マンハッタンを除く他の4ボロ(区)は逆に肥満率が上昇。

「市民の健康のため」という大前提を掲げていますが、内情は市民が健康を損なうことによって市が病院へ払う補助金の増加を止めたいわけです。
なぜなら、、肥満が原因でニューヨーク市が支出する医療費はなんと75-77億ドル(約7000億円)にも昇るからです。

この財政事情を少しでも軽減しようと、ニューヨーク市はいろいろなイベントを行い収益確保をしています。
今週終了したニューヨークのファッションウィークもその収益確保の努力の一環。

今日行われたセントラルパークマラソンも、市民に健康を促す一つのイベントです。

私の感覚では、ニューヨーカーはまだ健康に注意しているほうの州ではないかと思うのですが、、
朝はたくさんのニューヨーカーがジョギングをしていますし、企業でも「太っている人」「タバコを吸う人」は自己管理ができないというベースがあり、昇任にも支障をきたします。
ただニューヨークは移民のるつぼといわれる街で、高所得者と低所得者が大きく分かれる大都市でもありますから、どうしても低所得者はカロリー計算を横に置いた安価な食事ですますことによって肥満度(Obesity)も高くなるのでしょう。

ヘンな話ですが、アメリカはカロリーが高い食事のほうが安く手に入り、健康的な食事はお金がかかります。
カロリーと価格が反比例する国です。

留学生の皆さん、留学費用を抑えることも大事ですが、異国で病気になると心細いものです。ニューヨークのB級グルメやバーガーキング、マクドナルドを中心とした食生活をされていれば、少し考えたほうが良いかもしれません。

学校の授業は10時からですので、朝の散歩やジョギングをする時間は十分にあります。一日の朝の時間に少し運動を取り入れて、ニューヨーク市に貢献してみてはいかがでしょう?

ちなみに私は、毎朝少し遠くのデリーまで歩いて新聞を買いに行くのが日課です。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

13年たちました 2014 年 9 月 12 日

昨日はアメリカでは忘れられない9.11同時多発テロから13年目でした。

あれからもう13年か、と思うくらい時がたつのは早いものです。テロが起こっていたその時間、通勤しようとしていたところでした。まもなく街中にすごいサイレンが響いて、警察や消防車がFDRをものすごい勢いで走って行った風景が見えました。すごく晴れていてきれいな天気だったのを覚えています。

それからまもなくして飛行機事故ではなく「テロ」だとわかり、アメリカのニュースはこぞって「America on Attack!」と臨時ニュースを流し出し、アメリカ全土が戦争のムードになっていたことは中々忘れられません。
当時の世界貿易センター、ツインタワーが爆破されて、消防士や警察、その他2700人ほど犠牲になったとニュースがありました。
が、それはアメリカ市民、もしくは法的に働いていた人々のカウントで、違法で働いていた人の数は含まれていないはずです。違法で働いていた方も含めると3000人は超しているのではないかと思われます。

■ テロが起こって以来変わったこと

テロが起こって以来、アメリカの国防はものすごい勢いでここ10年の間に変わりました。
ニューヨークだけをとってみれば、ビルに入るとき身分証明を求められるようになったことです。爆破物・不審物に対するセキュリティ対策が確実になりました。
またニューヨーク市警察はアメリカの国防軍隊に劣らないほどの警備力を持つようになりました。

その当時、帽子にサングラス、顔を隠して茶色の紙袋でももって街中を走れば、警官が必ず走って追っていった様子を覚えています。

学校にとって大きく変わったこと。それは言うまでもなく学生ビザへの取り締まりです。同時多発テロは、学生ビザを保持していた外国人が起こした事件だったからです。

それまでは、「I-20の保持」するためだけに、安い語学学校にお金を払い、I-20を発行してもらって就労するといった学生も多かったですし、学校側も学生の出席率などはまだ甘いものでした。

テロ以降、政府認定の団体からの許可がない学校、いわゆる、システム的に問題がある学校は、容赦なく廃校に追い込まれています。
学校自体もしっかりした生徒管理が要求されます。
出席率が低いのにまだ在籍させている事実を発見されると、政府認定の団体からの許可が取り消しになるばかりか、移民局からもビザ申請のためのI-20発行許可を取り上げられてしまい、事実上学校運営はできなくなります。

■ 当校の管理体制もレベルが上がりました

生徒の出席率、成績管理、I-20の期間、学生のステータス、転校元、転校先、すべてコンピューター上で管理を行っています。
出席率が80%に近くなる生徒には警告をだし、生徒の書類もすべてオンライン化でメンテナンスしています。
成績が取れなかった生徒には、Academic Plan(次のテストまでに科目を克服できるような学習スケジュール)を用意し、トレーナーが学習進度をチェックしながら次のテストに備えます。
事前に警告や対策をだすため、大きく外れる生徒さんはほとんどいません。
ただ、警告を軽く見て指導に添わない生徒は、規定通り退学になったりする方もいらっしゃいます。

——————–

毎年9月11日は、アメリカにとっては忘れられない日です。当時めちゃくちゃだったダウンタウンも今は開発され、観光客もビジネスも戻ってきています。

先日、PC TECHの生徒は9.11 Memorial MuseumにField Trip(スクールアクティビティ)として、見学に行きました。

犠牲になった方の名前が彫られています。皆さん、アクティビティでなにか学んだものがあればよいですね。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PCTECH

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

日本とアメリカー休みはどっちが多い? 2014 年 9 月 8 日

さて9月6日に「アメリカと日本 どちらが働きやすい?」でアメリカの労働基準にちょっと触れましたが、今日はその続き?のようなものです。

■ アメリカと日本― どちらが休みが多いのでしょう?

実は答えは日本。日本は祝日だけで年間15日あります。実際は、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始、正月といれるとゆうに20日は超すのではないでしょうか。

アメリカの年間祝日は10日間。感謝祭など休日が木曜日にあたれば金曜日も休みにしますから、実際は15日程度ではないかと思います。

正月という風習もありませんから、カレンダー通り2日から仕事は稼働。

実はアメリカは先進国であるにも拘らず、基本的な福利厚生を会社・企業に義務付けていないのです。要するに従業員が有給休暇をとる権利は保障されていません。

また産後休暇中の給与支払いの義務もありません。ようやく最近ニューヨークで週40時間働く従業員には「病欠による有給休暇(Sick leaveによるPaid holiday)」が可決されたという信じられない状況です。

先日のブログにも記載した通り、基本的には「雇用主と従業員の間の契約」です。契約に有給休暇を盛り込むことができた人もいれば、祝日分の給与は給与に含まれないといった人もいます。

 

■ 実はアメリカ人は働き者?

オンライン旅行会社が休暇が取れるアメリカ人について調査したところ、年間でそれらの人々が取り残した休暇は5億日にのぼるのだそうです!

多くの人が休暇中も仕事に繋がれていると不平も言っています。アメリカの経済政策研究センターがまとめたレポートによれば、そもそもアメリカ人の4人に1人は有給休暇を全くとっていないとのこと。(米国版International Business Timesの記事より)

理由は、
休暇をとった後に仕事が山積みになる、
あまり長い休みをとるとポジションがなくなるかもしれない、
休暇をとる余裕がない

などあげられるようですが、そもそもデータからアメリカは有給休暇消化には消極的です。

もちろん会社の中でも、時間がくればどんな急な仕事が残っていようとサッサと帰る人々もいます。ですがおおよそ上層部になると、休みの間でも仕事にさく時間は多いようです。

「日本人は勤勉」であることには違いはないですが、年間の休みも実は結構あるのです。

アメリカかの休暇事情は日本より厳しく、また実際には日本人より勤務時間は多いのかもしれません。

、、、、が、それにしてもなぜそこまで働き者であるアメリカ人の仕事は遅いのでしょう、、、

文句を言うわけではありませんが(実は文句です)、州教育庁に書類の認可で申請してもゆうに2か月はかかり、あまりに返答がないからプロセスの状況を聞けば、書類をどこかにおいてなくなったからもう一回送ってくれと言われ、送ったら送ったでまた一か月返答がない。(今更驚くことでもありませんが・・)

反対に同じアメリカ人でも当校のExcutive DirectorのDavid君は、さっさと片付けるせっかちな性格。休みであっても仕事のメールはきっちり返信し、2週間の休みも「今は2週間も取れないから」と自分で1週間に変更します。
Davidこそ、アメリカ人が取り残した休暇5億日に拍車をかける人物の一人ではないかと心の奥底で思うのですが、、でももちろん当校にとっては力強いDirectorです。

教育庁にもDavid君みたいな職員がいればもっとはやく仕事が進むのに、、、と思わずうなってしまいます。

日本とアメリカ、どちらが働き者か!結局は「その人」次第ですね。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

にほんブログ村 海外生活ブログへ

アメリカと日本、どちらが働きやすい? 2014 年 9 月 6 日

アメリカで働きたい!という日本人の方はたくさんいます。
10年以上前になりますが、まだ当校がITクラスを提供していたころ、東京国際フォーラムで「アメリカでの就労について」というテーマでセミナーを開いたことがあります。

200名入る会場でしたが、3日間で席は満席。立ち見も出るほどでした。

外国人がアメリカでの就労ビザを取得するのは簡単ではありません。そのビザはH1ビザが代表的ですが、アメリカが外国人に就労のチャンスを与えるというのはいわゆる「自国民の職を奪う」という結果につながります。ですから、「アメリカ人が基本的にできない職を多国籍の人に働いてもらう」というのが基本ラインです。

前のブログにも書きましたが、日本で言えば「寿司職人」。これはアメリカ人ではできません。しかも日本食ブームのアメリカは、「寿司職人」には意外に簡単に就労ビザを下ろします。インドで言えば、IT技術を持った人。

逆に言えば、東大・京大で英語を専門で勉強しました、、、という人は(当然アメリカ人は英語を話すわけで特殊技術に値しません)ビザの取得は非常に難しいのです。

 
日本とアメリカの労働条件:どっちが日本人にとっては働きやすい?

日本とアメリカの労働規約には決定的な違いがあります。

日本の労働規約は基本的に弱い労働者を保護することを目的に労働省が企業に指導しますが、アメリカの労働規約は会社主体で雇用契約・関係にトラブルが起きないようにという観点から指導されています。

ですから、おおもとの就業規則を作成する目的がまったく違うのです。日本は「労働者の保護」、アメリカは「企業の維持と発展」。まったく正反対です。

またアメリカの雇用は、基本的に「雇用主と従業員の契約」です。同じ会社で同時期に入社をしたとしても、個人個人の契約ですから、給与の額も違えば労働条件も違ったりします。

「明日から来なくていいから」といきなり言われたり。

アメリカの就業規則では、「労働者はいつでも会社を辞めることができる」と同時に「会社はいつでも労働者を解雇することができる」が記載されています。

映画でよくありますよね?上司がやってきて、「明日から来なくていいから」と簡単にクビにしてしまうシーン。あれは映画の中だけではありません。現実にアメリカではありえます。

ただしアメリカは訴訟の国。訴訟にならないように会社側もステップを踏みます。たとえば、勤怠が悪い場合、1,2回ほどのWarning(警告)を事前に出しておき、それでも改善しない場合、最終通告を行います。それでも改善しない、、、「明日から来なくていいよ」で終わりです。ステップを踏んでいる場合、大きな訴訟になることもありません。

ただし、「セクシャルハラスメントでの解雇」「人種差別が絡んでいる」となると話は別です。大きな訴訟になってしまいます。

 

■ でも女性にとっては働きやすいかも

女性にとってはアメリカは働きやすい環境かもしれません。ご存知のように男女平等ですし、実力さえあれば性別に関係なくキャリアを積めます。

また年齢も一切関係ありません。育児休業等、子供の学校への出席のための欠勤などもきちんと保障されています。

ただ、仕事は男性同様に結果も力仕事も求められます。消防車のホースを担いで男性同様、消火活動をする女性もいます。

アメリカの働く女性たちは、男性と完全に対等です。なかなか強いです。

 

ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

US Open 錦織選手ががんばってます! 2014 年 9 月 4 日

US Openも大詰め。ベスト4までやってきました。

今年はなんと日本人 錦織圭選手がベスト4に残るという大快挙!すごいです!

相手はスイスのシード3位のスタン ワリンカ。最近フェデラーの後を追ってメキメキ伸びてきた選手です。10位の錦織圭選手、相手がアドバンテージをとっても落ち着いて1点取り返し、そして最後はファイナルセットの上、勝ちました。

日本では96年ぶりのベスト4進出と大騒ぎのようですね。いや、同じ日本人が世界で頑張っているのを見るのは、海外にいると本当にうれしいですね。
日本からのサポーターも多かったことでしょう。

さて、当校の生徒も毎週の金曜日のスクールアクティビティで、先日US Openの見学に行っています。
それこそ、1年のうち一回、ニューヨークでしか見られないスポーツです。
学校から地下鉄に乗って約30-40分、クィーンズのメドウズで試合があります。毎年数万人は訪れるこのイベント、この期間ニューヨークのホテルは満室状態と聞きます。

生徒の皆さん、楽しんでもらえたでしょうか。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

今日はLabor day 2014 年 9 月 2 日

さて、今日は9月の第一月曜日。Labor dayで、学校はお休みです。
Labor dayとは日本で言ういわゆる勤労感謝の日。でも同じ勤労感謝の日でも日本とアメリカはちょっと違うようです。
■ アメリカのLabor Dayの始まり
19世紀ごろ、アメリカは過酷な労働状況が続いていました。1日10時間以上の労働はごく普通で、週末の休みはありませんでした。
また低賃金で、未成年でも働かなければならない。黒人差別もあったことから、馬車馬のような労働条件だったようです。
労働者たちはその後労働組合を作り、条件自体を見直してもらうように雇用主に交渉を始めます。そして初めて勤労感謝として休みをを勝ち取ったことからLabor Dayは始まったそうです。
始めてLabor Dayを勝ち取り、労働者の意見が通った州はオレゴン州。他州がこの休みを取り入れていく中、正式な故国門の祝日としてクリーブランド大統領時代に議会で承認された、というのがLabor Dayの始まりです。
■ 日本の勤労感謝は、、
日本の勤労感謝は11月23日。日本のこの休日は、「収穫できた作物・穀物をお供えして神様に感謝する祭典」「来年も豊作になるように祈願する」が大元の考え方です。
この意味合いで行くと、日本の勤労感謝の日はアメリカの感謝祭「サンクスギビングデー」にあたりそうです。
現在では、「勤労に対する感謝の日」という意味合いも多く含まれているようですが。
———————————
多くのアメリカ人にとって、Labor Dayは夏の終わりを意味するものです。また9月から新学期・新学年が始まり、1年のスタートの月でもあります。
ニューヨークでは、今行われているテニスの全米USオープンが後半戦にかかってきており、もうすぐテニスも終わりです。代わりにこのLabor Dayを皮切りに、アメリカンフットボールのシーズンのキックオフです。
またまたニューヨークでは、スポーツバーが盛り上がりそうです。
今日はLabor Dayの由来のブログでした。
ニューヨーク留学:語学学校 PC TECH
にほんブログ村 海外生活ブログへ