Menu

New York English Academyブログ New York Taste <ニューヨーク テイスト>

2016年も無事に始まり・・ 2016 年 1 月 18 日

2016年も無事にスタートしました。
NYEAでも1月4日から授業は問題なく開始し、転校生からの問い合わせや昨年から新しく始まっている「Conversation and Pronunciation(会話と発音)クラス」、「Slang and Idioms(スラングとイディオム)クラス」の問い合わせが増えていて、TamilaとMichelleはお昼ご飯を食べる暇もないようです。

barcode00001 去年までは、1日のうち必ず1-2名の生徒は「今の出席率を教えて」と質問があり、データを確認して教え る・・・といったルーティーンがあったようですが、昨年「生徒専用データベースサービス」を開始してからこの質問の対応はすっかりなくなったとのこと。

生徒は入学時にもらったバーコードのIDで、自分の現在の出席率、SEVISのステータス状況、成績表の推移、ポイントシステムの点数などいつでもデータベースにアクセスが可能です。わざわざオフィスに行って、スタッフや先生に聞く手間もありませんし、、初級の生徒さんにとっては「なんて聞いたらいいの」とそれだけで困る生徒さんもいたりして。

このデータベースシステムのおかげか?出席率を下回って、退学の通知を受けたりする生徒は昨年から皆無になりました。生徒さんにとっても学校にとってもよかったですね。

次の役に立つサービスはなにかなーと思いながらブログを書いています。なにかこんなサービスがあったらいいなというようなリクエストがあったらいつでも教えてください。

———————————————————————————————————-

さて、昨年ポストしていた「2016年からニューヨークの名物「馬車で観光」がなくなるかも?」のUpdate informationです
https://jp.newyork-english.edu/blog/977/

セントラルパークで、よく見かける馬車観光、どうなるのかなあと個人的にこのニュースには興味がありました。
結果は「存続」! 馬車連合の勝ちに終わりました。
でも、ブラジオ市長もban horse carriages(馬車廃止ポリシー)を出して当選したわけで、なにもなく引き下がるなんてことはありません。

結局、Dealはしたものの、220のライセンス馬は110に減らされ、セントラルパークとプライベートな馬小屋に限る、ということになりました。この馬車と一緒にPedicab(人力の観光人力車)も走っていたのですが、こちらも走る場所も限られ。

hourse1

動物愛護団体から寄付をもらって当選したブラジオ市長、市民の反対もあってまったく廃止にするということはできなかったわけですね・・。

馬車での観光は今後も続きそうですが、Feeが上がるのは間違いないでしょう。でも馬車に乗ってセントラルパーク散策も見る限り、なかなかよさそうです。ただ、ちょっと臭いんですが・・・

夏に留学に来られる方は、セントラルパークの馬車観光を試してもよいかもしれません。でももしダイエット中なら、セントラルパークの貸自転車で公園散策をおススメします。

結構アップダウンがありますので、ダイエットには超効果あり!

 

ニューヨーク語学留学なら:ニューヨークイングリッシュアカデミー

にほんブログ村 海外生活ブログへ