Menu

New York English Academyブログ New York Taste <ニューヨーク テイスト>

2018 年 3 月 5 日

カテゴリー:ニューヨーク情報

女性にはビターな話。ニューヨークの乾燥対策

ニューヨークといわずとも外国は冬は乾燥しています。
部屋は半そでで歩き回っても寒くないし、夜も薄い毛布くらいで全然平気。日本の羽毛布団なんか暑すぎて眠れません。
それくらい、室内は暖かいのです。外は春のように天気は良くてもマイナス5-6度。

どれくらい乾燥しているのか?
朝入れたコーヒーのペーパーフィルターがお昼になるころは写真のようにパリパリ!
入れたコーヒーの粉も、濡れていたはずなのに数時間で砂のようにさらさら。

輪ゴムは乾燥のあまり、伸ばすとブチッとちぎれてしまう・・もちろん品質のせいもあります。だいたい品質がよろしくない。
ただ縛ればいいだけ、という感じなので、日本の輪ゴムと比べることはできませんけど。
(余談ですが、日本のサランラップVSアメリカのサランラップ。日本のサランラップには感動します)

タオルとか洗っても乾燥機に入れる必要がない。だって、そこらに干しておいたら3時間もあれば乾いてるし。

私の場合は特に乾燥肌なので、更には背中とか手とかやたらに痒かったり、朝は乾燥していて鼻を強くかみすぎたりすると毛細血管が切れて鼻血になったり・・・(←朝から鼻血って聞いただけで怖い。はたから見ると「なんの夢見たの」って言われそう)

私は日本でコーラは飲むことは一度もありませんが、アメリカではなぜかコーラがシュワ~っとしておいしい。ビールもしかり。
乾燥しているので喉にシュワ~っとくる炭酸ものがおいしく感じるんでしょうね~

さてそこで乾燥対策は?

1.マスク対策
アメリカで外でマスクすることはありません。マスクの習慣がないのです。マスクして歩いている人を見たら、「ああ、日本人」ってすぐに思ってしまう。しかも変に思われるので、外を歩くときはマスクをするよりはマフラーやネックウォーマーを使ったほうが良いですね。
で、マスク対策というのは:
夜寝るときにマスクをして寝ます。そうすると口の乾燥を抑えることができます。(朝までマスクをしていることはないですけど・・・寝ている間にマスクはどこかに飛んで行っている)
お勧めマスクは耳にかける部分がゴムでないもの。ゴムのマスクは朝起きたときに、ゴムの跡が頬にピーっと入ってしまい・・・ちょっと仕事に行けない顔になってます。

 

こんなマスクだったら顔にゴムのラインが入らないから大丈夫!

2.目薬:乾燥している部屋で目薬は結構貴重な代物です。オフィス、台所、洗面所、あらゆるところに目薬置いてます。

3.前回ブログで書いた生ジュース対策 :これ、結構効きます。前回書きましたが朝乾いた体に生ジュースは細胞にしみわたっていく感じです。

4.静電気防止スプレー:乾燥しているとバチバチと静電気が。外と部屋の温度はかなりの差があって、帰宅して服を着替えるときにものすごい静電気です。静電気防止スプレーは結構役に立ちますね。

あとは化粧水とか保湿クリームとか、水分をこまめにとったり、十分な睡眠とか、加湿器とか世に一般的言われる、ありきたりなことじゃないですか?アメリカほどはなくても日本も乾燥はしてますよね?

昨年、ヒーターのフィルタを変えに来たビルのおじさんが、「加湿器1個だけ?干からびるんじゃないの」と笑って去っていきました。そうかもしれないと、昨年はあらゆるところに加湿器を置きました。
でもあんまり効果は感じなかったな・・・あればあるにこしたことはないけど、部屋マスクで十分だったかもしれません。
4個もある加湿器、どうしたらいいんだ。買いすぎた。

 

ニューヨーク語学留学なら:New York English Academy

New York English Academy本部公式LINE@ ニューヨークの情報、学校・プログラム・ビザの情報など現地の生の情報をLineから配信します!New York English Academy本部公式LINE@ ニューヨークの情報、学校・プログラム・ビザの情報など現地の生の情報をLineから配信します!
にほんブログ村 海外生活ブログへ