Menu

New York English Academyブログ New York Taste <ニューヨーク テイスト>

2018 年 2 月 19 日

カテゴリー:ニューヨーク情報

日本に出張するときに唸ること

2か月程度日本に出張です。今回、NYEAのTESOLが大阪の大学で正式に採用となり、
夏と春に4週間のTESOL講座を大学生向けに提供することになりました。
4月に大坂の大学で留学説明会がありますので、それに参加してからニューヨークに戻ることになります。参加した学生さんは2単位取得できるそうです。

ということで、この出張前に困ること。
私は日本とニューヨークを2-3か月ごとに行ったり来たりなのですが、ニューヨークを離れるときにいつも唸ることがいくつかあります。

ひとつめ:郵便です。
2-3週間ならいざしらず、長いときは3か月空けることがあり、その間の郵便物が困ります。
郵便受けはジャンクメールもあるため、2週間程度で満杯。いつかは、届いた郵便物が全部Senderに送り返されたことがありました。
たとえばTax関係、Status関係など大事な書類も郵送されることがあるため、数カ月空けるときは結構大変です。
でもこの問題は、解決しました。郵便局のサイトUSPSで、郵便物を転送してくれるサービスがあります。しかも何が郵便で来ているのかもメールでわかるのです。もちろん封筒を破って中身をスキャンしてくれるわけではないのですが、郵便物(送り先)をスキャンしてメールで送ってくれるのです。
これは便利!郵便物転送に、このサービスを使うと1か月80ドル程度かかりますけど・・

ふたつめ:食材。

これが本当に頭が痛いのです。日本に行く1週間前になるといろいろ食材は買えません。食べきれなくて余ってしまうので大量に捨てないといけないのです。
2週間前から徐々に買う食材を控えだし、1週間前にその1週間で食べる献立を決め、捨てなくて済むように努力するのですが・・・これがいつも何か余ってしまう・・
あるときは卵がこのままでは8個も余ってしまうことが判明。「これは毎日卵料理か!」と頑張りましたが結局半分以上捨てました。
今回はうまくいきそうだと思ったら、ジャガイモとヨーグルトとレタスたちがゴミ箱行き。
朝の生ジュースは悲惨でした。買っていた果物に余りそうな野菜を入れて果物野菜ジュースにしたのはいいけど、ジュースの色が超汚い。栄養価は高いけど見た目がいかにも超まずそう。
「ウェ~~」といいつつ飲みました。
毎回この出張前の1週間はいつも冷蔵庫と向かい合って「うーーむ・・」とうなる1週間なんですね~

三つめ:携帯での写真撮り
一度日本に行くと2-3か月いません。「あっ、あれがない、持ってくるの忘れた」といって取りに帰れる距離ではないのです。ですから、なにをどっちに置いているのか、写真に撮るかメモに残さないと3か月もたつとすっかり忘れているわけですよ。
日本からニューヨークに戻るとき、「そういえばファンデーションがなくなっていた気がする」と買っていったらなんと予備が2本もあったり。
コートはニューヨークにあったはずだ、と思って持ってこなかったら実は日本に置きっぱなしで冬の寒い時にコートがなくて買いに行かないといけなかったり。超お金の無駄です。
空港について、「あーガスちゃんと消してきたっけ」
それこそ戻るわけにもいかず、「いや、ちゃんとあのとき消したよね」とグルグル頭の中で反芻したりして・・。(すでに遅し)
日本から電話してベルが鳴ってれば、「あ、火事になってなさそう」と安心したりするわけです。

出張前1週間と部屋を出る日は、パシャパシャと写真を撮るのが本当に面倒なのですね~

学校でもバケーションをとって1か月ほど国に変える方もいます。みんなどうしているのかな?
「日本とアメリカを行ったり来たりしてうらやましい」なんてよく言われますが、とんでもない。
毎回、出張当日は書類の整理やら部屋のチェックがあって朝の2-3時起きです。
空港について搭乗した後は、疲れすぎて食事まで正体なく気絶しています。

今空港ですが、何が欲しいって聞かれたら?
もちろん、ドラえもんの「どこでもドア」でしょ。

F1ビザの皆さんはI-20を持って帰るのをは忘れちゃだめです。それと3枚目にDSOのサインがあるかどうか念のため確認してください。

ところで数日前のバレンタイン。
デイビットはうちの女性スタッフたちにチョコか花束を渡したのか?!
なんとデイビットは風邪をひいて欠勤でした。なぜその日に限って休むのだ! (笑)

ニューヨーク語学留学なら:New York English Academy

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ